「空想的社会主義」の版間の差分

編集の要約なし
(C:CITE分類、日付は履歴から)
くうそうてきsy{{社会主義}}
{{社会民主主義}}
'''空想的社会主義'''(くうそうてきしゃかいしゅぎ、[[英語|英]]:utopian socialism, [[ドイツ語|独]]:Utopischer Sozialismus)または'''ユートピア社会主義'''とは、近代的な[[社会主義]]の[[思想]]の最も始まりに位置する思想を指して言う言葉である。[[シャルル・フーリエ]]、[[アンリ・ド・サン=シモン]]、[[ロバート・オウエン]]に代表される。
 
理想社会に対する人間の夢は古くは[[プラトン]]の『[[国家 (対話篇)|国家]]』にもみられ、さらに近世初頭の[[16世紀]]~[[17世紀]]には[[トマス・モア]]の『[[ユートピア]]』、[[トマソ・カンパネッラ]]の『太陽の都』、[[フランシス・ベーコン (哲学者)|フランシス・ベーコン]]の『新アトランティス』などに現れており、広義にはこれらを含めて空想的社会主義と呼ぶこともある。また神学者の[[トマス・ミュンツァー]]なども含まれる。
 
空想的社会主義という言葉は、[[カール・マルクス]]と[[フリードリヒ・エンゲルス]]が、自らの主張する社会主義を「科学的に構築される社会主義」([[科学的社会主義]])との対比として名付けたものである。科学的社会主義では空想的社会主義を次のように定義している。
匿名利用者