「シリア」の版間の差分

== 歴史 ==
{{main|シリアの歴史}}
* [[紀元前305年]] - [[マケドニア王国|マケドニア]]の[[セレウコス1世|セレウコス]][[将軍]]が王号を名乗る。[[首都]]は[[アンティオキア]]。
 
* [[紀元前304年]] - インド領からの撤退始まる。
* [[紀元前305年]]-[[マケドニア王国|マケドニア]]の[[セレウコス1世|セレウコス]][[将軍]]が王号を名乗る。[[首都]]は[[アンティオキア]]。
* [[紀元前304301年]] -インド領からの撤退始まる シリア地方獲得
* [[紀元前301274年]] - [[ガリア地方獲得人]]侵入を撃退
* [[紀元前274271年]]~[[紀元前205年]] - [[リア戦争]]侵入を撃退。
* [[紀元前271年]]~[[紀元前205130年]] - [[シリパルティ戦争]]軍に敗北。全東方領土を喪失。
* [[紀元前64年]] - ローマ軍首都制圧。併合され、[[セレウコス朝]]滅亡。
* [[紀元前130年]]-[[パルティア]]軍に敗北。全東方領土を喪失。
* [[661年]] - [[ムアーウィヤ]]が[[カリフ]]となり[[ウマイヤ朝]]創設。[[ダマスカス]]を[[首都]]と定める。
* [[紀元前64年]]-ローマ軍首都制圧。併合され、[[セレウコス朝]]滅亡。
* 15世紀ごろ - [[オスマン帝国]]の支配下に置かれる。
* [[661年]]-[[ムアーウィヤ]]が[[カリフ]]となり[[ウマイヤ朝]]創設。[[ダマスカス]]を[[首都]]と定める。
* 15世紀ごろ[[1918年]] - [[オスマン帝国]]より独立。[[ファイサル1世 (イラク王)|ファイサル1世]]がシリア王国支配下国王置かれ即位する。
* [[19181920年]] - [[オスマン帝国セーヴル条約]]より独立。[[ファイサル1世 (イク王)|ファイサル1世ンス]]の[[フランス委任統治領シリア王国の国王に即位す|委任統治領]]とな
* [[19201946年]] -[[セーヴル条約]]により[[ '''シリア共和国'''としてフランス]]の[[委任統治|委任統治領]]となるより独立
* [[1958年]] - [[エジプト]]と連合、「[[アラブ連合共和国]]」成立(首都:[[カイロ (エジプト)|カイロ]])
* [[1946年]]-'''シリア共和国'''としてフランスより独立
* [[19581961年]] -[[エジプト]]と 連合を解消「[['''シリア・アラブ連合共和国]]」成'''として再独(首都:[[カイロ (エジプト)|カイロ]])
* [[1963年]] - [[バアス党]]政権樹立
* [[1961年]]-連合を解消、'''シリア・アラブ共和国'''として再独立
* [[1967年]] - [[第3次中東戦争]]、[[ゴラン高原]]を失う
* [[1963年]]-[[バアス党]]政権樹立
* [[1970年]] - バアス党で急進派と穏健・現実主義派が対立、[[ハーフィズ・アサド]]をリーダーとした穏健派がクーデターで実権を握る
* [[1967年]]-[[第3次中東戦争]]、[[ゴラン高原]]を失う
* [[1971年]] - アサド、大統領に選出
* [[1970年]]-バアス党で急進派と穏健・現実主義派が対立、アサドをリーダーとした穏健派がクーデターで実権を握る
* [[1976年]] - [[レバノン]]への駐留開始
* [[1971年]]-アサド、大統領に選出
* [[2000年]] - ハーフィズ・アサド死去。息子の[[バッシャール・アサド|バッシャール]]が大統領就任。
* [[1976年]]-レバノンへの駐留開始
* [[2005年]] - レバノンより、シリア軍撤退
* [[2000年]]-ハーフィズ・アサド死去。息子のバッシャールが大統領就任。
* [[2007年]] - バッシャール・アサド、大統領信任投票で99%の得票率で再選、2期目就任。
* [[2005年]]-レバノンより、シリア軍撤退
* [[2008年]] - 隣国レバノンとの間に正式な外交関係樹立。大使館設置で合意。
* [[2007年]]-バッシャール・アサド、大統領信任投票で99%の得票率で再選、2期目就任。
* [[2008年]]-隣国レバノンとの間に正式な外交関係樹立。大使館設置で合意。
 
== 政治 ==
匿名利用者