「ガーゴイルズ ザ・ムービー」の版間の差分

 
== 概要 ==
同じ[[ディズニー]]製作のアニメ[[美女と野獣 (アニメ映画)|美女と野獣]]の正式な半リメイク作品。公式サイトによると作風には[[ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ]]や[[デビルマン]]の影響を受けたとされており、初期の内容などがデビルマンに似ているのはスタッフ達がファンあったためあえて行ったことである。ただし、当然ながらその後のストーリーは全く異なる。ディズニー初の[[ダーク・ファンタジー]]で物語の重要なテーマに「愛」を置き、子供向け作品というよりも大人向けともいうべきバトル物ながにもかかわラブストーリーで、テレビアニメ版ではシリーズ後半から[[ブリジット・バーコ]]が声優として参加したこともあり終盤のラブストーリーはブリジットの主演映画である[[続・蘭の女 官能のレッドシューズ]]や[[ダーク・アイランド/堕ちた楽園]]などの大人向け映画の影響を多いに受けたとされている。([[1994年]]にビデオリリース。(本編の1話から5話までの総集編にして、放送ではカットされたシーンを追加したビデオ長編作品([[OVA]])で音声や効果音も本編と異なっており映像もより鮮明となっている。新作カットにより本編と異なるシーンがありガーゴイルの過去と未来の出来事など伝える紹介作品でもあり、[[デモーナ]]やスティールクランロボットとの戦いなどを描く。主に、[[ゴライアス (ガーゴイルズ)|ゴライアス]]、デモーナ、[[エリサ・マーザ|エリサ]]の活躍がメインとなっている。また本編では未登場だった[[アンジェラ (ガーゴイルズ)|アンジェラ]]も冒頭に少しだけ登場している。ビデオの冒頭で[[デヴィッド・ザナトス]]役の[[ジョナサン・フレイクス]]が案内人として登場し、キース・デヴィッド、マリーナ・サーティス、サリー・リチャードソンのインタビューも収録されている。映像特典として冒頭に同時期に公開された[[ライオン・キング]]と[[マイティ・モーフィン・パワーレンジャー]]と[[スーパー・ヒューマン・サムライ・サイバー・スクワッド]]の予告映像も収録されている。
「ライオン・キング」と「スーパー・ヒューマン・サムライ・サイバー・スクワッド」には[[フランク・ウェルカー]]と[[キャス・スーシー]]が出演している。冒頭の時点で主人公が結婚しており子持ちであり、主人公夫婦が互いに殺し合いハッピーエンドで終わらない、初の[[ディズニー]]作品である。
 
匿名利用者