「アンスバッハ侯領」の版間の差分

m
 
m ( )
アンスバッハ侯領は、[[ニュルンベルク城伯]]領の"untergebirgisch"(山の麓)部分にあたる。"obergebirgisch"(山の上)部分と併せてホーエンツォレルン家のフランケン地方における本拠地である城伯領を形成する。[[1415年]]([[1417年]]とも)にニュルンベルク城伯[[フリードリヒ1世 (ブランデンブルク選帝侯)|フリードリヒ6世]]は、それまで歴代有していた所領に加えて、世襲の辺境伯領を手に入れた。これよりホーエンツォレルン家は獲得した[[辺境伯]]の称号を用いることとなった。[[1427年]]に城伯の政庁であった城の[[帝国自由都市]][[ニュルンベルク]]への売却が完了し、国法上「ニュルンベルク城伯」は消滅した。フランケンの領土は、これより辺境伯領として定着し、これが後に2つの辺境伯領として(当初は一時的なものであったのだが)分割されることとなる。
 
2つの独立した[[領邦]]への最終的な分割は[[1486年]]の[[アルブレヒト・アヒレス]]の死後に行われた。フランケンの支配地域を2人の若い息子で分割することを取り決めた[[1473年]]公布の"Dispositio Achillea"に従ったものであった。分割地域への割り当ては、くじ引きにより決定した。[[フリードリヒ52世 (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)|フリードリヒ]]は、後のアンスバッハ侯領となる"untergebirgisch"地方が割り当てられた。弟の[[ジークムント (ブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯)|ジークムント]]が獲得したもう1つの地域は後に[[バイロイト侯領|クルムバッハ侯領]]となった。
 
アンスバッハ侯領は、クルムバッハ侯領([[1604年]]以降はバイロイト侯領)とたびたび[[同君連合]]の形で統治された(1495年 - 1515年、1557年 - 1603年、1769年 - 1791年)が、[[神聖ローマ帝国]]の終焉まで国法上は独立した領邦であった。[[1791年]]にバイロイト侯領と共に[[プロイセン王国]]に編入されると、アンスバッハ=バイロイトとして[[カール・アウグスト・フォン・ハーデンベルク]]に包括管理されることとなった。[[フランス革命戦争]]でのプロイセンの敗北後はフランスに割譲され、とりあえずは軍政管理下に置かれたが、[[1810年]]に最終的に[[バイエルン王国]]領となった。
58

回編集