「プリンス・ジョンソン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
ジョンソンは[[1952年]]リベリアの[[ニンバ郡]]で[[ギオ族]]の両親との間で生まれた。[[1971年]]に陸軍に入隊し、[[1974年]]には中尉に昇格。[[アメリカ合衆国|アメリカ]]での訓練を経て、リベリア憲兵隊長まで昇格するが自動車事故の負傷により[[1977年]]に除隊した。陸軍在住時はサミュエル・ドウ軍曹の上官だった。[[1980年]]に[[アメリコ・ライベリアン]]の政権を終わらすため、[[クラン族]]出身のドウ軍曹を中心に先住民族出長の軍人らが軍事クーデター起こし政権を握る。しかし[[1985年]]にドウ政権がクラン族優先の政策をしていた為、それに不満を持つギオ族の軍人[[トーマス・クィウォンパ]]らと共にクーデターを起こすが失敗し[[コートジボワール]]へ亡命している。
 
[[1987年]]に[[チャールズ・テーラー]]によるドウ政権打倒を狙ったリベリア国民愛国戦線 (NPFL) に参加し、[[リビア]]で[[ゲリラ]]訓練を受けた。[[1989年]]にNPFLの軍事司令官としてテーラーと共にリベリアに侵入してリベリア内戦を起こした。しかし、テーラーと政治的な理念などの違いなどで対立し、テーラーから処刑容疑をかけられ同胞のギオ族の兵士らと共に[[1990年]]2月にテーラーが反逆罪でジョンソンを処刑しようとした為、仲間のギオ族らと共にNPFLを離脱し、INPELを結成した。9月9日、サミュエル・ドウ大統領が[[西アフリカ諸国経済共同体|ECOMOG]](西アフリカ平和維持軍)にジョンソンの敵、テーラーを倒し、「ジョンソンとの間で、同盟を組む協議をしたい。祖国は、これまであまりにも戦争に蹂躙されすぎてきた」と言い。ECOMOGの仲介を頼みに、ECOMOG駐屯地に来ていた。その事をECOMOGの将官から知らされた、ジョンソンは、ドウを捕らえるチャンスと見て「主よ!、イエスよ!」と叫び、「私も全く同じ事を考えていた。私も戦争に疲弊している。ドウ大統領は、真の愛国者だ。私は今から彼に会いにでかけ、彼に抱擁して接吻しよう。」と、今からドウに会いに行くと、ECOMOGの将官に伝え、その事はドウのの耳に入り、ドウはその事をすっかり信じECOMOG駐屯地でジョンソンが来るのを待っていた。しかしそれは嘘で、ジョンソンはドウを捕らえる為、ECOMOGの駐屯地に兵士20人程を送り込んだ。ECOMOGの駐屯地には武器を持って入る事は出来ないので、ジープの座席の下に、武器を隠して、駐屯地に入った、INPELの兵士らはまず参謀本部で、無防備なドウの護衛の部下90人を見つけ皆殺しにた。そしてドウが居る2階に進入した。そこでECOMOG司令官があっさりとドウの身柄を引き渡したので、INPELはついにドウを捕らえた。ジョンソンは親アメリカ主義者で、またECOMOGと共闘しており、アメリカはドウをこれまで支援して来たが、ドウのやり方にウンザリし、ドウを倒す為、密かにジョンソンに武器支援していたともされる。ドウを捕らえたINPELの兵士はドウをジョンソンが待つ、モンロビアの港にあるINPELの陣地に連れて行った。ジョンソンはまず、殺す前にドウに苦痛を与えてやろうと、ドウを地面に寝かせ、部下に命令し、蹴りを入れたり殴るなどの痛みつけ、「お前だな、大統領になるために戦争をした男は。お前など、悪魔だ。悪魔が取り憑いた男だ。武器の力を借りて、大統領で居続けた男だ。」とジョンソンはドウに言い放った。ドウはジョンソンと和解しようと必死にジョンソンに対話を求めるも、ジョンソンは「お前は、私と話をしたいというのか。誰が悪魔などと話をするか。」と言い放ち、ジョンソンは部下にドウの耳を切り取れと命令した。ドウの耳を切り取り、さらに苦痛を与える為、足や胸を切り付け、指なども切り取る様に指示した。そして残酷な拷問の末にドウを銃殺刑にした。ドウ大統領を殺したジョンソンは自分こそが暫定大統領だと主張していた。またジョンソンは親アメリカ及び親ECOMOGだった。そのため、リビア政府と親密な関係を築くテーラーに不満があり、アメリカによるリベリア内戦の介入を強く求めていた。
 
[[1991年]]には独立民主党 (IDP) を結成したが、INPEL内部での残虐行為が明らかになり、他の勢力から殺人罪の罪などで圧力を受け次第に弱まり、[[1992年]]にINPELを解散し、ジョンソンは[[ナイジェリア]]へ亡命した(ジョンソンによるとナイジェリア軍に強制連行されたらしい)。その後、リベリア国内の不安定な情勢から完全に孤立をし、[[1997年]]ナイジェリアの[[ラゴス]]にて[[キリスト教]]の牧師になる事を明らかにした。
234

回編集