「アゾベンゼン」の版間の差分

編集の要約なし
さまざまな理由で、シス体はトランス体よりも不安定である。例えば、シス体は2つのベンゼン環同士の立体反発により歪んだ構造をしており、共役による安定化が弱まっている。光異性化反応において、トランス体は約 50 kJ/mol 程度シス体よりも安定で、間のエネルギー障壁は 200 kJ/mol 程度である。また、シス体は熱的反応によっても安定なトランス体にへと変わる(熱異性化)。
 
[[Imageファイル:Azobenzene_isomerization.svg|450px|アゾベンゼンの異性化反応]]
 
アゾベンゼンをポリマー[[マトリックス|マトリクス]]中に含ませて安定化させることができる。また、その棒状の構造から、[[液晶]]の[[メソゲン]]基 (mesogen) として利用される。
匿名利用者