「スラヴァ (セルビア正教会の習慣)」の版間の差分

m
編集の要約なし
(C:CITE分類、日付は履歴から)
m編集の要約なし
スラヴァは[[守護聖人]]を称えるため、就いている職業によって称える聖人が違う。そのため、各々の家族が別々に自分の職の[[聖人]]を祝う(もちろん、複数の職業が同一の聖人と重なることもある)。スラヴァは父から息子へ受け継がれ、それぞれの家族が一堂に集まってスラヴァを祝う。また、一部の家族は自分の聖人とは別の聖人を限られた範囲で祝うことがある(例えば、妻が唯一の直系家族で、彼女がスラヴァを祝わないとその家族のスラヴァが絶えてしまうときなど)。そのスラヴァを小スラヴァ、もしくは前スラヴァと呼ぶ。息子家族が遠く離れた土地に住んでいる場合、父親の許可を得て父親家族と同じ日にスラバを祝うが、家長である父親が生きている間は父親の家でスラバを祝うのが普通である。
 
スラヴァの前の1週間は、スラヴァの日に[[領聖]]するため家族で[[断食]]をする。その間にスラヴァのための豪華な食事が用意される。その食事の中にはスラヴスキ・コラチュ(セルビア語:{{lang|sr|slavski kolač}})と[[コリヴォ]](セルビア語:{{lang|sr|koljivo}})がある。スラヴスキ・コラチュはスラヴァ・ケーキを意味する。しかし[[ケーキ]]というよりは[[パン]]に近い。スラヴスキ・コラチュの上には[[十字]]と平和の鳩と一家の聖人に関係があるシンボルを描くのが普通である。コリヴォはジト(セルビア語:{{lang|sr|žito}})とも呼ばれ、ゆでた[[コムギ|小麦]]で作られる。小麦以外の部分はバラエティに富んでおり、しばしば[[クルミ]]が入っていたり、[[香辛料]]や[[ハチミツ蜂蜜]]で味付けされたりする。小麦は[[ハリストス]](キリストのギリシャ語・スラヴ語読み)の[[復活]]と、死んだ家族の象徴である。あと、断食の期間がスラバにもつれこむかこまないかによって、残りのメニューに動物性のものが含まれるか含まれないか影響する。
 
スラヴァの当日には家族で[[奉神礼]]([[聖体礼儀]])に参祷し、領聖する。教会での奉神礼終了後、教区の[[神品 (正教会の聖職)|聖職者]]が各家庭を訪れる。訪れた聖職者はスラヴスキ・コラチュやコリヴォに祝福を与え、スラヴァろうそくに火をともし、その家族の聖人についての話をした後、奉神礼を行う。また、必ず行うわけではないが、家に祝福を与え、その家の亡くなった親族に対してのちょっとした追悼をすることも一般的に行われている。
59

回編集