「天地開闢 (日本神話)」の版間の差分

リンク追加
(リンク追加)
天地の中に葦の芽のようなものが生成された。これが神となる。
*[[国常立尊]](くにのとこたちのみこと)
*[[国狭槌尊]](くにのさつちのみこと)
*[[トヨクモノ|豊斟渟尊]](とよくむぬのみこと)
これらの神々には性別がなかった。
 
'''第1の一書'''によれば、天地の中に生成されたものの形は不明である。しかし、これが神となったことは変わらない。生まれた神々は次の通りである。なお、段落を下げて箇条書きされているのは上の神の別名である。
;[[国常立尊]](くにのとこたちのみこと)
:国底立尊(くにのそこたちのみこと)
;国狭槌尊(くにのさつちのみこと)
*[[ウマシアシカビヒコヂ|可美葦牙彦舅尊]](うましあしかびひこぢのみこと)
*[[国常立尊]](くにのとこたちのみこと)
*[[国狭槌尊]](くにのさつちのみこと)
 
'''第3の一書'''でも生まれた神々の名が異なる。なお、生まれた神は人のような姿をしていたと描写されている。
'''第4の一書'''によれば、生まれた神々の名は下の通りである。この異伝は『古事記』の記述に類似している。
*[[国常立尊]](くにのとこたちのみこと)
*[[国狭槌尊]](くにのさつちのみこと)
 
これらの二柱の神々の次に高天原に生まれたのが下の三柱の神々である。
 
{{日本神話}}
{{Shinto-stub}}
{{DEFAULTSORT:てんちかいひやく}}
[[Category:日本神話]]
 
{{Shinto-stub}}
 
[[es:Mito japonés de la Creación]]
2,219

回編集