「和田堰」の版間の差分

==概要==
堰は一般に、水をせき止める目的で[[河川]]や [[湖沼]]に設けられる構造物を指す。しかし、松本平では、人工的に造った用水路のことを「堰」と言い、「せぎ」と読む。和田堰もその1つである。
[[松本電鉄]][[上高地線]]とは、[[三溝駅]]東方約200mで直交している(この部分での川幅は狭い)。この辺りでは、周囲の土地よりも堤防の方が2mほど高い人工の天井川になっているのを見ることができる。
同じ波田地区内には、他に[[波田堰]]・[[黒川堰]]の2つがある。長野県道25号塩尻鍋割穂高線(サラダ街道)と交差する辺りでは、和田堰は最下段の[[河岸段丘]]の下で梓川と同じ高さにある。しかし、波田堰は下から3つめの河岸段丘を掘り通す高さに造られている。黒川堰は、山の中を通り、上波田寺山において山麓に出て、さらに山麓を掘り通すように造られている。
 
==歴史==
1,531

回編集