「正税帳」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎概説: 内容)
編集の要約なし
'''正税返却帳'''(しょうぜいへんきゃくちょう)とは、正税帳の記載内容に不備があったり、正税に未納や欠損などが生じて不足が存在する場合に主税寮から民部省に対して令制国に返却する旨を上申した[[解文]](文書)。
 
正税帳と他の帳簿・資料などを照合して、正税帳と他の帳簿・資料との間に稲穀数の差が大国で1万束、上国で8千束、中国で6千束、下国で4千束以上の差(「[[勘出]]」)が発生した場合に、主税寮が返却事由を記した正税返却帳を作成して民部省に提出、民部省がこれを適切と判断すれば押署の上で正税帳の返却時に令制国側に送付された。
 
[[Category{{DEFAULTSORT:日本の律令制|しようせいちよう]]}}
[[Category:日本の律令制]]