「スーパーバンタム級」の版間の差分

この階級で日本人として初めて世界王座を獲得したのは[[世界ボクシング評議会|WBC]]の[[ロイヤル小林]](国際、1976年10月9日 - 1976年11月24日)。その後、同じくWBCで[[畑中清詞]]が中日本協会加盟ジム初の世界王座(松田、1991年2月3日 - 1991年6月14日)を獲得。[[世界ボクシング協会|WBA]]でも[[佐藤修 (ボクサー)|佐藤修]](協栄、2002年5月18日 - 2002年10月9日)が世界王座を獲得。
 
この階級の世界王座最多防衛記録は[[ウイルフレド・ゴメス]]([[プエルトリコ]] / WBC)の17度(17度の全てがKO防衛、17連続KO防衛は全階級通じて世界記録)。この階級の世界王座で史上最年長獲得記録や史上最年長[[指名試合]]クリアや史上最年長防衛(及び世界戦勝利)は[[ダニエル・サラゴサ]]([[メキシコ]]、三度獲得し三度目の王座[[1995年]]-[[1997年]]が前出の最年長、最年長の指名試合クリアと防衛・世界戦勝利はいずれも日本国内で[[辰吉丈一郎]])。日本の選手の最多防衛記録は、[[西岡利晃]]([[帝拳プロモーション|帝拳]] / WBC)の4度(継続中)。また、この階級の日本ジム所属最新世界王者は西岡利晃[[李冽理]]帝拳[[横浜光ボクシングジム|横浜光]]20082010910152日 - )。
 
この階級における史上唯一の親子世界王者は[[ウィルフレド・バスケス]](WBA)・[[ウィルフレド・バスケス・ジュニア]]([[世界ボクシング機構|WBO]])。
匿名利用者