「ざる」の版間の差分

ざるは一般に、水洗い後の[[野菜]]や磨いだ[[米]]、茹でた食物などの水分を切る場合に用いられることが多い。日本以外でも[[パスタ]]の湯切りや野菜の水切り等に[[:en:Colander|colander]]や[[:en:strainer|strainer]]と呼ばれる水切りが使われるが、日本ではこれらもざると称される場合がある。
 
うどんやそばの調理に使われる湯切り専用の取っ手付きのざるは「'''水嚢'''」(すいのう)という。「振りざる」、「揚げざる」とも呼ばれる。[[讃岐うどん]]の再調理などに使われる径が小さく深底の特殊なざる「'''鉄砲ざる'''」(略して'''テボ'''、'''てぼざる'''とも言われる)もこの一種であり、その名の由来は一説に「(うどんの)玉」を入れて(再加熱のために)茹で上げるからと言われている。(鉄砲の[[弾]]との[[語呂合わせ]])
 
従来の竹製のざるは、[[蕎麦|ざるそば]]や[[枝豆]]など、食品を載せるための[[皿]]にかわるものとしても用いられる。これらは、茹でたものをざるで水切りして出す、という体裁を取ったものである。温めた[[豆乳]]に[[にがり]]を混ぜ、ザルの上にあけ水分を切り固めると[[ざる豆腐]]となる。また、ざるの上で[[梅干し]]や[[干物]]などを干す場合もある。
26

回編集