「自由民主党政務調査会」の版間の差分

なお、[[第45回衆議院議員総選挙]]における自由民主党が大敗した結果等を受けて、政務調査会の改革が行われた。政務調査会の議事機関として「政権政策委員会」(政務調査会長、政務調査副会長及び各部会長を構成員とする。)が設置されたほか、調査会や特別委員会が大幅に削減された(廃止された調査会・特別委員会の機能は、その所管事項に相応する部会に引き継がれている。たとえば、従前は「国防部会」という部会の他に「安全保障調査会」「基地問題対策特別委員会」があり、重複した事項を所管していたが、それらの機能が国防部会に一元化された。)。
 
なお、上記の「政権政策委員会」は2010年9月に廃止され、[[自由民主党シャドウ・キャビネット|シャドウ・キャビネット]]が設置された。政務調査会長は「影の官房長官」、各部会長は「影の閣僚」を兼任する。
また、自由民主党が野党に転落したことを踏まえ、政策部門として[[影の内閣]]を設置するという構想もあったが、党内の反発等により見送られ、その代わりに上記の「政権政策委員会」が設置されることとなった。
 
==組織==
800

回編集