「孤島の太陽」の版間の差分

*退職後も沖の島で暮らし、島民や子供たちからは「アラキさん」、「初ねえさん」、「初子おばちゃん」と慕われ続けた。
*沖の島ロケには、島民総出でエキストラ出演し、完成時にカットされた数多くの素朴な島民シーンがある。中にはエキストラを超えた個別撮影シーンも存在したが、本編には採用されなかった。
*[[日本放送協会|NHK]][[連続テレビ小説]]「[[おはなはん]]」主演で人気絶頂だった[[樫山文枝]]をはじめ、[[芦川いづみ]]ら日活大スターが僻地の孤島へロケに来る、という例は当時非常に珍しく、高知新聞による報道ほか県内では前代未聞の文化イベントとして現地ロケは注目された。
*当時広瀬部落には「金子旅館」があったが、スタッフを収容しきれず一般民家に宿泊しながらの撮影が行なわれた。[[樫山文枝]]もその一人で、主演女優でありながらロケ中は地元小学校の教員宅に寄宿し、島民とのふれあいを大切にした。
*広瀬部落の伝統行事「傘鉾」(カサボコ。地元では「カ」の発音にアクセント)が収録された三浦家の庭は、鎌倉時代から続くとされる島祖、三浦則久一族の本家。平地のない沖の島では沖の島小学校・中学校(小中併設)(現[[宿毛市立沖の島小学校]])に次ぐ広い敷地であった。
 
 
==関連書籍==
匿名利用者