「ハリセンボン」の版間の差分

「フグちょうちん」と同様に膨らんだ状態の[[剥製]]が[[土産]]物として各地で販売される。
*食用
大型のものは棘を皮ごと取り除き、[[鍋料理]]、[[味噌汁]]、[[唐揚げ]]、[[刺身]]など食用になる。[[沖縄県|沖縄]]ではハリセンボンのことを「'''アバサー'''」と呼び、「アバサー汁」は[[沖縄料理]]の一つにも挙げられる。[[台湾]]の[[澎湖諸島]]ではハリセンボンの刺身や、棘を抜いた皮の[[湯引き]]が名物である。
 
フグの仲間だが、毒は持っていないので、皮や肝も食用になり、[[ふぐ調理師|ふぐ調理師免許]]を所持していない者でも調理は可能である。ただ、棘が鋭いので取り扱いには注意が必要である。
匿名利用者