「ジェームス・J・コーベット」の版間の差分

m
sty,interlang
m (sty,interlang)
'''ジェームス・J・コーベット(James'''('''James John Corbett)Corbett'''、[[1866年]][[9月1日]] - [[1933年]][[2月18日]])は近代[[ボクシング]]の先駆者である。
 
1866年9月1日[[カリフォルニア州]][[サンフランシスコ]]で生まれる。
 
1982年9月7日、[[クィンズベリー・ルール]]によって初めて行われた世界タイトルマッチで、王者[[ジョン・L・サリバン]]と戦い2121KOKO勝ちでタイトル奪取に成功している。
 
[[クィンズベリー・ルール]]が定められる以前のベアナックル(素手)時代の王者で、浴びるように酒を飲み続けた結果太鼓腹となっていたサリバンと近代ボクシングのテクニックを駆使したコーベットでは、今でこそ戦う前から結果は明らかなのだが、当時はまだジャブやフットワークを駆使したコーベットの戦法は馴染みが無く、'''ビッグ・ジョン'''と言われた豪腕サリバンは翻弄され続けた結果、ついにコーベットを捕まえることができずに21回に3度のダウンを奪われKOされてしまった。
 
[[クィンズベリー・ルール]]が定められる以前のベアナックル(素手)時代の王者で、浴びるように酒を飲み続けた結果太鼓腹となっていたサリバンと近代ボクシングのテクニックを駆使したコーベットでは、今でこそ戦う前から結果は明らかなのだが、当時はまだジャブやフットワークを駆使したコーベットの戦法は馴染みが無く、'''ビッグ・ジョン'''と言われた豪腕サリバンは翻弄され続けた結果、ついにコーベットを捕まえることができずに2121回に3度のダウンを奪われKOKOされてしまった。
 
しかし当時の民衆はこのコーベットの戦法を「卑怯者」と罵り拒否反応を示したと言う。
 
手にした世界王座は1897年3月17日、[[ボブ・フィッシモンズ]]に1414KOKO負けで失った。
 
手にした世界王座は1897年3月17日、[[ボブ・フィッシモンズ]]に14回KO負けで失った。
 
1933年2月18日死去。
 
{{生没年|こへつとしえいむす|1866年|1933年}}
[[en:James J. Corbett]]
[[de:James J. Corbett]]
[[pl:Jim Corbett]]
64,212

回編集