「マリア (日本の歌手)」の版間の差分

 
== 略歴 ==
* [[1998年]]12月[[1999年]]12月、[[ミュージカル]]『[[ライオンキング]]』の日本公演初日キャストにヤングナラとして名を連ね、開幕から1年にわたって東京公演に出演。
* [[2002年]]、[[テレビ番組]]『[[SDM発]]!』([[フジテレビジョン|フジテレビ]]系)の[[オーディション]]で選ばれ、テレビ番組『[[深夜戦隊ガリンペロ]]』(フジテレビ系)のエンディングテーマ「[[DOWN TOWN]]」([[シュガー・ベイブ]]のカバー)を歌うユニットを発掘する企画の中で[[平野綾]]・[[吉田有希 (アイドル)|吉田有希]]とユニット「[[Springs]]」を結成。
* 高校卒業後、[[窪田啓子]]と「イトクボ」を結成し、路上ライブを中心とした音楽活動を始める。
* [[2006年]]2月、ミス[[エアギター]]ジャパンコンテストで審査員特別賞を受賞。
* [[2007年]]頃より、親友の[[中川翔子]]の紹介で、[[YUI (歌手)|YUI]]、[[絢香]]等を育てた[[西尾芳彦]]に師事する。2~32〜3ヶ月に1度のペースで、東京から福岡にある[[音楽塾ヴォイス]]通い2週間の集中トレーニングを受けた。
* [[2009年]]5月、マリアに改名し西尾芳彦プロデュースにより、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー<ref>[http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090430-OHT1T00276.htm マリア20日デビュー!“YUI&絢香に続く第3の歌姫”] スポーツ報知 2009年5月1日</ref>。
* [[2010年]]2月18日、フジテレビ系列で放映されているFNN[[スーパーニュース]]のスーパー特報というコーナーで『密着!歌姫になりたい~“CD〜“CD不況”の夢と現実』というドキュメンタリーの中でCDがなかなか売れない中、[[国士舘大学]]や[[上智大学]]等の一流大学などに出向いたりと、地道にプロモーション活動をする姿が紹介された。番組自体はマリアと西尾芳彦門下で後輩に当たる17歳少女のプロへの道に密着したものだった。ヒット仕掛け人である西尾氏がCD不況の中で自信を持ってプロデュースしたマリアでもCDセールスが苦闘している現状を吐露していた。但し、最後にはマリアの最新曲「忘れたくなくて」がオリコン上位に食い込みヒットしているという宣伝で閉められた(17歳少女の方のオーディションはうまく行かず、プロデビューは見送られた)。
 
== 人物 ==
3,294

回編集