「推力」の版間の差分

編集の要約なし
'''推力'''(すいりょく、{{lang-en-short|thrust}})は、[[運動の第2法則]]・[[運動の第3法則|第3法則]]で定量的に表される[[反作用]]の[[力]]である。ある系からある方向に[[質量]]を放出または加速すると、反対向きで釣り合った大きさの力がその系に発生する。
 
== 例 ==
[[モーターボート]]はプロペラを回転させて水を後ろに(または前に)加速して推力(または逆推力)を得る。結果として起こる推力によりモーターボートが押され、その大きさはプロペラを通して流れる水における[[運動量]]の変化の合計に等しく、向きは反対である。
 
[[ロケット]]の質量は、燃焼室からロケットエンジンの[[ノズル]]を通って加速された排気質量の運動量が変化する時間率と大きさが等しく逆向きの推進力で前方に進む。これは、ロケットに対する排気速度 × 質量が放出された時の時間率 であり、数学的に表すと:
 
{{Indent|<math>T=v\frac{dm}{dt}</math>}}
匿名利用者