「日本手話」の版間の差分

加筆
(#redirect手話)
 
(加筆)
'''日本手話'''(にほんしゅわ、'''JSL'''、Japan Sign Language)とは、[[手話]]の1つである。主に日本の[[ろう者]]に使用される。
#redirect[[手話]]
 
==言語学的な観点==
日本手話は、[[言語学]]的にいえば[[クレオール言語]]であり、[[ピジン言語]]である[[日本語対応手話]]とは区別される。[[日本語]]とは全く異なる文法体系を持っている。(日本語対応手話は、日本語の文法にあわせて手話単語を並べて表現する)
 
日本手話は、手や指、腕を使う手指動作だけでなく、非手指動作と呼ばれる、顔の部位(視線、眉、頬、口、舌、首の傾き・振り、あごの引き・出しなど)が重要な文法要素となっている。
 
==その他==
日本手話の英略であるJSLは、指文字でJSLと一字ずつ表す。
 
==関連項目==
*[[日本語対応手話]]
 
==外部リンク==
*[http://www.jasl.jp/ 日本手話学会]
*[http://www.jfd.or.jp/jisls/ 日本手話研究所]
 
[[Category:言語学|にほんしゆわ]]
2,743

回編集