「カイタン」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
:「Club Face」に所属する元ホスト。21歳。社長に借金の肩代わりをしてもらい、回収担当となる。回収担当のほか、店の[[ウェイター]]や掃除などの雑務も務める。ホストとしての才能は無かったが人一倍の根性と腕っ節の強さは社長に評価・信頼されており、喧嘩の強さは登場人物の中でもトップクラス。また体は相当頑丈なようでブロックや瓶で頭を殴られても大きな怪我はしていない。サトシとの会話から「Club Face」に入る前は荒れた生活を送っていたと思われる。自身のトレードマークである[[リーゼント]]には何かこだわりがある様だが下ろした方が美形に見える為髪型のせいで損をしている。最終話では、おでこがやけに広くなるが、それはデッサンが狂ったのかハゲてきたのか本当の理由は定かではない。喧嘩は強いが頭はいい方ではなく、どこか不器用かつ愚直な部分がある。加えて微妙なセンスをしているので馬鹿にされる事も多い。また本人の言うとおり機械が苦手らしく、[[現金自動預け払い機|ATM]]の操作に手間取っていた。しかし正義感が強く、熱い性格で面倒見の良い一面もある為に仁を慕う人物もいる。女性よりも男性にモテるタイプ。時々出る方言から、[[栃木県]]出身と思われる。スーツ姿で描かれる事が多いが、3巻のカバーを見るに私服のセンスはサトシと似ている。作中ではサン付けで呼ばれる場合が多い。回収担当になった事で様々なトラブルに巻き込まれていく。
;時塚 黒(ときつか くろ)
:「Club Face」ナンバー1のホスト。20歳。売り上げでは、他の追随を許さない圧倒的な人気を誇り、12ヶ月連続売上1位を達成する。泣きぼくろがチャームポイントの美形。[[飴]]と[[PSP]]が好き。また[[スカーフ]]類も好きなようでよく私服に取り入れている。酒はめちゃめちゃ弱い。過去の因縁などにより乱舞と仲が悪く2回も本気で殺されかけるが後に和解する。どこか超然としており、他人に無関心で、考えていることを表に出さなかったが、乱舞との和解後は少しずつ変わって来た。最初のうちは仁のことを馬鹿にしていたが、徐々に仁の能力を認め始め、仁に命を救われて以降は、態度には示さなかったものの仁に恩義に感じていた。最終巻の表紙では笑顔を見せている
;片瀬 銀二(かたせ ぎんじ)
:「Club Face」社長。30歳。仁の努力を見初め、回収担当に抜擢する。[[焼肉]]が好物なのか仁を食事に誘う場所はいつも焼肉屋である。愛車は[[トヨタ・セルシオ|トヨタ・30セルシオ]]。
=== その他のホストクラブの人物 ===
;モモ
:サトシが揉め事を起こした相手の所属するホストクラブ・Club Neroの代表。20歳。童顔でまつげが長い美形だが、顔の角度によっては眉毛がないように見える。ヘアバンドとマニキュアがトレードマーク。座り方がだらしない。太陽の額に落書きをするなど、言動が子供っぽい。愛用のペンは[[ゴブラ]]のメッキー。ソーセージが好物なようで、緊迫した空気にも関わらずソーセージを食べ始めた。喧嘩が強いのかは不明だが、肝が据わっている様で妙な迫力がある。また相当な権力を持っている様で、椿や桐島をアゴで使う。仁とサトシが大島に拉致されて以降、登場しない。外見や名前が可愛らしい上、なぜか仁に攻撃されなかった事から女性だと思っていた読者が少なからず居たようである。
;桐島 晋也(きりしま しんや)
:Club Nero専務。23歳。[[パーソナルコンピューター|PC]]使い。物腰が柔らかく、Neroの中では一番の常識人と思われる。また椿をたしなめたり、仁とサトシのやりとりを居た堪れないような表情で見ていたりするので実はそんなに悪い人ではなさそうである。喧嘩慣れはしていなそうだが、仁に蹴られた時とっさに自分の顔面をかばったことから、反射神経はよいと思われる。とばっちりで仁に蹴られたため、蹴られた後若干キレていた。また、PCの扱いに長けているようで、[[表計算ソフト]]を用いて、揉め事によるNeroの損害額を瞬時に計算した。肌は浅黒いが、いきなり美白になる事がある。
:講談会 箱船一家「十島組」若頭。31歳。「Club Face」のライバル店「Nero」のオーナーも勤める。仁が回収担当の際、十島組の事務所に騙されて連れて行かれたとき、仁の窮地を救う。しかし、その一方で何か良からぬ計画を考えている。「Club Face」のオーナーである片瀬と因縁がある。
 
[[画像:Attention yellow.svg|32px|left]]'''注意:'''以降の文章には'''[[Wikipedia:ネタばれに注意|作品の内容に関する記述]]'''が含まれます。<br clear="all"/>
 
;二岡 勇(におか いさむ)
;イルムの相棒
:乱舞の依頼により蓮が派遣した外国人の片割れ。国籍も本名も不明。眉毛が異常に太い。イルムに命令をしていたことから、こちらの方がイルムより格上と思われる。鉄パイプで黒を殴り殺そうとするが、仁の不意打ちにより倒される。愛車は[[トヨタ・エスティマ]]。
[[画像:Attention yellow.svg|32px|left]]
 
;折原 心菜(おりはら ここな)
:折原 慎二の妹。ホストクラブFaceでのツケを踏み倒そうとし、仁を嵌めて十島組の事務所に連れ込む。このことが、結果的に、大島雄大と仁の接点を作り、Face社長や講談会の若頭・浦部の死を招く大抗争に繋がってゆく。
匿名利用者