「愛知県立幸田高等学校」の版間の差分

編集の要約なし
|国公私立=[[公立学校]]
|設置者=愛知県
|設立年月日=[[1972年]]4月5日
|校訓=洞察・真面目・責任感
|創立記念日=
'''愛知県立幸田高等学校'''(あいちけんりつこうたこうとうがっこう)は、[[愛知県]][[額田郡]][[幸田町]]にある公立の[[高等学校]]。三河2群Bグループに属する。
 
==概要==
普通科内に普通コースと情報活用コース(旧生活情報科)を設置している。
[[幸田町]]北西部に位置する、町内唯一の高等学校。[[1951年]](昭和26年)、[[幡豆郡]][[豊坂村]]に開校した[[愛知県立蒲郡高等学校]]豊坂分校(町村合併に伴い幸田分校に改称)を前進とし、[[1972年]](昭和47年)に普通科と家政科を併設した高等学校として開校した。
 
普通科内に普通コースと情報活用コース(旧生活情報科)を設置している。ただし、情報活用コースは専門科目ではなく普通科に含まれる。
 
==沿革==
戦後、[[幡豆郡]][[豊坂村]]の村長を中心とする有識者により高等学校の分校設置が提唱された<ref>幸田町史 683頁</ref>。当時、分校は一郡一校の原則があり、幡豆郡には[[愛知県立西尾高等学校]]吉田分校(現在の[[愛知県立吉良高等学校]])があったため、開校は不可能と考えられたが、愛知県への陳情が功を奏し、開校が許可された<ref>幸田町史 684頁</ref>。[[1951年]](昭和26年)4月、昼間[[定時制課程|定時制]][[農業 (教科)|農業科]]・[[家庭 (教科)|家政科]]を設置した愛知県立蒲郡高等学校豊坂分校が開校した。豊坂中学校の教室を間借りし、1学級10人のスタートだったが、同年に校舎が完成し、翌年から生徒数を徐々に増やしていった。[[1954年]](昭和29年)には、豊坂村と[[幸田町]]が合併したことから、愛知県立蒲郡高等学校幸田分校に改称した。
 
一方、高校進学志願者の増加を背景に、[[1968年]](昭和43年)に幸田町・[[岡崎市]]・[[蒲郡市]]・[[西尾市]]の自治体が高等学校の新設を愛知県へ陳情した。[[1970年]](昭和45年)、幸田町への高等学校新設が決定した。[[1971年]](昭和46年)、校地が決定し、幸田分校で[[全日制課程|全日制]]家政科の募集を開始した<ref name="k687">幸田町史 687頁</ref>。一方で、幸田分校は同年に定時制の募集を停止した<ref>幸田町史 686頁</ref>。当初は、全日制家政科の[[男女別学|女子校]]として開校する予定だったが、地元の意向により[[普通科 (学校)|普通科]]も設置されることとなった<ref name="k687"></ref>。同年8月14日、起工式が執り行われ、3月23日に一期工事が完工した。[[1972年]](昭和47年)4月5日、入学式を行い、1年生の普通科90人・家政科90人と家政科2年生の90人を合わせた270人が入学した<ref name="k687"></ref>。1学年普通科2学級・家政科2学級でのスタートだった。
 
[[1973年]](昭和48年)、二期工事が完工し、同年4月から普通科3学級となった。さらに翌年には普通科6学級となり、三期工事が完工した。[[1983年]](昭和58年)には、普通科8学級とした。[[1991年]](平成3年)、普通科が1学級減るが、翌年から再び8学級となる。[[1995年]](平成7年)、普通科が9学級となり、家政科が生活情報科に改編して1学級となった。[[1996年]](平成8年)、[[1998年]](平成10年)と、それぞれ普通科1学級ずつ減り、普通科8学級となった。[[2004年]](平成16年)には、生活情報科が募集を停止して普通科内に情報活用コース1学級を新設し、1学年7学級となる。[[2007年]](平成19年)には、1学年6学級となった。
* [[2004年]] - 生活情報科を募集停止([[2006年]]に閉科)。
 
==注訳部活動==
運動部が12部、文化部が12部ある。書道・文芸部は[[俳句甲子園]]の常連になっている。
普通科と情報活用コース(旧生活情報科)があるが、情報活用コースは専門科目ではなく普通科に含まれる。
<!--
==校訓==
-->
==最寄駅==
*[[東海道本線]][[幸田駅]]もしくは[[岡崎駅]]から[[名鉄バス]]幸田小学校前バス停下車。
*2012年に開業予定の[[相見駅]](仮称)が最寄り駅となる見込み。
 
==参考文献==
匿名利用者