「ポイント」の版間の差分

編集の要約なし
 
==ポイントの歴史と定義==
ポイントは複数の地域や時代に種々のシステムが成立したため、定義も一様でない。最も古いポイント・システムは'''フルニエ・ポイント''' ('''Fournier's point''') とされ、次に'''ディドー・ポイント''' ('''Didot's point''') が[[1783年]]ごろ成立する。これら二つのシステムはフランスで誕生し、大陸で広く使われた。フルニエ・ポイントは、フルニエ (Pierre-Simon <span style="font-variant: small-caps">Fournier</span>)<ref>[[:fr:Pierre-Simon Fournier]]</ref> により提案されたものである。シセロ (Cic&eacute;ro) 格の 1/12 を基準として、ポイントを定義したのである。ディドー (Fran&ccedil;ois-Ambroise <span style="font-variant: small-caps">Didot</span>)<ref>[[:fr:Fran&ccedil;ois-Ambroise Didot]]</ref> はこのフルニエのシステムを改善し、「王の[[インチ]]」(''Pied de roi'') と呼ばれるフランスのインチ格に、1 ptを1/72インチとして適合させた{{要出典|date=2010年5月}}。フルニエ・ポイントにおいては、1 pt ≒ 0.348 82 [[ミリメートル|mm]] で、ディドー・ポイントでは 1 pt ≒ 0.375 9 mm に相当する。
 
欧州大陸では主にディドーのポイント・システムが使用されていたが、英米では定まったポイント・システムは普及しなかった。アメリカで活字のサイズが統一されるのは、[[1886年]]に MS&amp;J (Mackellar, Smiths and Jordan, Letter Founder) のジョンソン・パイカ (Johnson pica) を共通的に使用することが確認されてからである。これを'''アメリカン・ポイント''' ('''American point''', '''American printers' point''') という。ジョンソン・パイカは 83&nbsp;picas =&nbsp;35&nbsp;[[センチメートル|cm]] とするもので、1&nbsp;pt =&nbsp;1/12&nbsp;picas ≒&nbsp;0.351&nbsp;4&nbsp;mm である。ジョンソン・パイカが 83&nbsp;picas =&nbsp;35&nbsp;cm とし、それが結局アメリカン・ポイントとして選択されたのは、サイズ体系を維持することで、活字の改鋳を極力避けるためであった。多くの有力な活字鋳造業者がジョンソン・パイカを使用していたため、アメリカン・ポイントを 1&nbsp;in. =&nbsp;6&nbsp;picas、1&nbsp;picas =&nbsp;12&nbsp;pt にしようと運動したホークスの提案は退けられたのである。アメリカン・ポイントは[[築地活版]]によって1900年代後半に紹介され、日本でも普及した。
 
[[1973年]]、ディドー・ポイントは 1&nbsp;pt =&nbsp;3/8&nbsp;mm (=&nbsp;0.375&nbsp;mm) と定義されなおされた{{要出典|date=2007年4月}}。
 
==互換性==
匿名利用者