「非メバロン酸経路」の版間の差分

m
画像
m (ロボットによる 変更: de:Methylerythritolphosphatweg)
m (画像)
'''非メバロン酸経路'''(ひメバロンさんけいろ、Non-mevalonate pathway)または、'''2-C-メチル-D-エリトリトール-4-リン酸/1-デオキシ-D-キシルロース-5-リン酸経路'''('''MEP/DOXP経路''')は、[[イソプレノイド]]の生合成経路であり、主に[[イソペンテニル二リン酸]](IPP)と[[ジメチルアリル二リン酸]](DMAPP)のどちらかを形成する[[代謝]]経路である<ref>{{cite journal |author=Rohmer M |title=The discovery of a mevalonate-independent pathway for isoprenoid biosynthesis in bacteria, algae and higher plants |journal=Nat. Prod. Rep. |volume=16 |issue= 5|pages=565–574 |year=1999 |pmid=10584331 |doi=10.1039/a709175c |last2=Rohmer |first2=Michel}}</ref>。近年、非メバロン酸経路が発見されるまでは、IPPは全て[[メバロン酸経路]]で生合成されると考えられていた
[[Image:Non-mevalonate.PNG|right|400px]]
'''非メバロン酸経路'''(ひメバロンさんけいろ、Non-mevalonate pathway)または、'''2-C-メチル-D-エリトリトール-4-リン酸/1-デオキシ-D-キシルロース-5-リン酸経路'''('''MEP/DOXP経路''')は、[[イソプレノイド]]の生合成経路であり、主に[[イソペンテニル二リン酸]](IPP)と[[ジメチルアリル二リン酸]](DMAPP)のどちらかを形成する[[代謝]]経路である。
 
== イソプレノイド生合成経路の相違点 ==
 
古典的イソプレノイド生合成のメバロン酸経路と対照的に、[[植物]]と[[アピコンプレックス門]]の原生動物はそれらの[[色素体]]で非メバロン酸経路を使ってイソプレノイドを合成している<ref>{{cite journal |author=Lichtenthaler H |title=The 1-Deoxy-D-xylulose-5-phosphate pathway of isoprenoid biosynthesis in plants |journal=Annu Rev Plant Physiol Plant Mol Biol |volume=50 |issue= |pages=47–65 |year=1999 |pmid=15012203 |doi=10.1146/annurev.arplant.50.1.47}}</ref>。加えて、ほとんどの[[真正細菌]]は非メバロン酸経路でIPPとDMAPPを合成している。
 
{{-}}
[[ファイル:Non-mevalonate pathway.svg|800px|center]]
== 反応 ==
反応は以下の通りである<ref>総説: {{cite journal|Eisenreich W, Bacher A, Arigoni D, Rohdich F. ''|title=Biosynthesis of isoprenoids via the non-mevalonate pathway|journal=Cell.'' Cell Mol. Life. Sci.|year= 2004;|volume=61:|issue=12|pages=1401-1426. PMID|pmid= 15197467|doi=10.1007/s00018-004-3381-z}}</ref>
{| class="wikitable"
| '''反応物''' || '''酵素''' || '''生成物'''
|-
| [[ピルビン酸]] 、<br /> [[グリセルアルデヒド-3-リン酸]] || [[DOXPシンターゼ]] (Dxs) || [[1-デオキシ-D-キシルロース-5-リン酸]] (DOXP)|| [[ファイル:DOXP.png|center|200px]]
|-
| DOXP || [[DOXPレダクトイソメラーゼ]] (Dxr, IspC) || [[2-C-メチルエリトリトール-4-リン酸]] (MEP)|| [[Image:MEP.png|center|200px]]
|-
| MEP || [[4-ジホスホシチジル-2-C-メチル-D-エリトリトールシンターゼ]] (YgbP, IspD) || [[4-ジホスホシチジル-2-C-メチルエリトリトール]] (CDP-ME)|| [[Image:4-diphosphocytidyl-2-C-methylerythritol.png|center|200px]]
|-
| CDP-ME || [[4-ジホスホヂチジル-2-C-メチル-D-エリトリトールキナーゼ]] (YchB, IspE)|| [[4-ジホスホシチジル-2-C-メチル-D-エリトリトール-2-リン酸]] (CDP-MEP)|| [[Image:4-diphosphocytidyl-2-C-methyl-D-erythritol 2-phosphate.png|center|200px]]
|-
| CDP-MEP || [[2-C-メチル-D-エリトリトール-2,4-シクロ二リン酸シンターゼ]] (YgbB, IspF) || [[2-C-メチル-D-エリトリトール-2,4-シクロピロリン酸]] (MEcPP) || [[Image:2-C-Methyl-D-erythritol-2,4-cyclopyrophosphate.png|center|150px]]
|-
| MEcPP || [[HMB-PPシンターゼ]] (GcpE, IspG) || [[(E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニルピロリン酸]] (HMB-PP) || [[Image:HMB-PP.PNG|center|200px]]
|-
| HMB-PP || [[HMB-PPレダクターゼ]] (LytB, IspH) || [[イソペンテニル二リン酸|IPP]] 、<br /> [[ジメチルアリル二リン酸|DMAPP]]|| [[Image:IPP.png|center|200px]]<br />[[Image:DMAPP.png|center|200px]]
|}
 
== 抑制阻害 ==
[[フォスミドマイシン]]は非メバロン酸経路のキーとなる酵素、[[DOXPレダクトイソメラーゼ]]を阻害するので、[[抗生物質]]や[[抗マラリア薬]]の代替となる<ref>{{cite journal|author=Jomaa H, Wiesner J, Sanderbrand S, Altincicek B, Weidemeyer C, Hintz M, Turbachova I, Eberl M, Zeidler J, Lichtenthaler HK, Soldati D, Beck E. ''|title=Inhibitors of the nonmevalonate pathway of isoprenoid biosynthesis as antimalarial drugs.''|journal= [[サイエンス|Science]]|year= 1999;|volume=285:|pages=1573-1576. PMID| pmid=10477522| doi=10.1126/science.285.5433.1573}}</ref>。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
<references />
 
== 関連項目 ==