「梶山軍団」の版間の差分

編集の要約なし
(+cat)
{{未検証|Date=2010年10月}}
'''梶山軍団'''(かじやまぐんだん)とは、[[日本]]の執筆者集団。
 
==概要==
[[1959年]](昭和34年)『[[週刊文春]]』を創刊するにあたって、[[文藝春秋|文芸春秋社]]が創刊スタッフとして取材執筆依頼をした作家[[梶山季之]]が率いたプロ集団。後に、梶山執筆の「小説[[トップ屋戦士]]」という作品の中で、当時のことを物語っている。梶山は、1958年頃より『[[文藝春秋]]』や『[[週刊新潮]]』でフリーライターとして執筆活動をしていた。その仕事ぶりが認められ、1959年『[[週刊文春]]』創刊に際し、スクープ記事製作のために、梶山をはじめ彼のスタッフと嘱託契約を結び業務委託を以来した。この文藝春秋社からの業務以来を受けるに当たって、梶山は彼のスタッフと共にトップ屋グループ「梶山軍団」を作り、以後『[[週刊文春]]』で数々のスクープ記事を掲載しその名を轟かせた。梶山軍団のメンバーは、[[岩川隆]]、中田建夫、有馬將祠、加藤憲作、[[恩田貢]]の5人で、以後2年間「週刊文春[[特派員]]」として特集記事作りに参加した
 
梶山は、[[1958年]]頃より『[[文藝春秋 (雑誌)|文藝春秋]]』や『[[週刊新潮]]』でフリーライターとして執筆活動をしていた。その仕事ぶりが認められ、1959年『週刊文春』創刊に際し、スクープ記事製作のために、梶山をはじめ彼のスタッフと嘱託契約を結び業務委託を以来した。この文藝春秋社からの業務以来を受けるに当たって、梶山は彼のスタッフと共にトップ屋グループ「梶山軍団」を作り、以後『週刊文春』で数々のスクープ記事を掲載しその名を轟かせた。梶山軍団のメンバーは、[[岩川隆]]、中田建夫、有馬將祠、加藤憲作、[[恩田貢]]の5人で、以後2年間「週刊文春[[特派員]]」として特集記事作りに参加した。
 
{{デフォルトソート:かしやまくんたん}}
匿名利用者