「指数 (初等整数論)」の版間の差分

編集の要約なし
 
[[合同式]]g<sup>x</sup>≡a(mod p)を満たすようなxが存在する。このときxを標数という。'''指数'''、'''インデックス'''とよばれることもある。x=Ind<sub>g</sub> aと表される。gは[[原始根]]とよばれる。
 
== 性質 ==
標数は指数とよばれることもあるが、[[対数]]によく似た性質を持つ。
 
*Ind<sub>a</sub> 1=0
*Ind<sub>a</sub> a=1
*Ind(ab)=Ind a + Ind b
*Ind a<sup>n</sup>=nInd a
*g<sup>Ind a</sup>=a
匿名利用者