メインメニューを開く

差分

m
 
== 御簾 ==
御簾('''みす''')とは、特に緑色の布の縁取りなどをした簾のこと。「御簾」は「ぎょれん」とも読む。[[大名]]や[[公家]]などが部屋の中や外を分けるのに使われていた。その歴史は長く、[[百人一首|小倉百人一首]]の人物描写にも「みす」が描かれている。[[清少納言]]「高炉峰の雪は簾を掲げて見る」の逸話における簾(すだれ)は、御簾のこと。
 
== 生産国 ==
36

回編集