「鳥海山大物忌神社」の版間の差分

画像レイアウト変更(空白スペースを減らすため)、文化財の追加指定・名称変更を反映、カテゴリ追加
m
(画像レイアウト変更(空白スペースを減らすため)、文化財の追加指定・名称変更を反映、カテゴリ追加)
|神事='''所在地'''に同じ
}}
'''鳥海山大物忌神社'''(ちょうかいさんおおものいみじんじゃ)は、[[山形県]][[飽海郡]][[遊佐町]]にある[[神社]]。[[出羽国]][[一の宮|一宮]]、[[式内社]]([[名神大社|名神大]])、旧[[社格]]は国幣中社で、戦後、[[神社本庁]]の[[別表神社]]となった。[[鳥海山]]頂の本社と、麓の吹浦と蕨岡の2か所の口之宮(里宮)の総称として大物忌神社と称する。主祭神は[[大物忌神|大物忌大神]]で、『神祗志料』や『[[大日本国一宮記]]』では[[ウカノミタマ|倉稲魂命]]のことであるとしている。吹浦口之宮では、[[ツクヨミ|月読命]]も併せて祭っている。境内地は[[平成]]20年([[2008年]])国の[[史跡]]に指定された。
 
== 歴史 ==
===創建期===
[[景行天皇]]または[[欽明天皇]]時代の創建と伝えられる<ref name="shaden">社伝では[[景行天皇]]の代に出現し、[[欽明天皇]]25年([[564年]])鳥海山上に鎮座したとされる。[[永正]]7年([[1510年]])に著された『羽黒山年代記』では欽明天皇7年([[546年]])の出現としている。</ref>。『[[日本三代実録]]』[[貞観 (日本)|貞観]]13年([[871年]])5月16日の条にある[[出羽国|出羽]][[国司]]の報告から、飽海郡山上に大物忌神社があったことが確認できるが<ref>『日本三代実録』貞観13年(871年)5月16日の条には「'''出羽國司言。従三位勳五等大物忌神社在飽海郡山上。巖石壁立。人跡稀到。夏冬戴雪。禿無草木。去四月八日山上有火。'''」と記述されている。この記述では、大物忌神社の鎮座地は飽海郡にある山の上としか分からないが、『山形県史 通史編第1巻 原始・古代・中世編』では、四時雪を戴いて草木も生えず、登山困難な高山で、しかも4月8日に噴火したとあるので鳥海山と推定される、と述べている。山形県 『山形県史 通史編第1巻 原始・古代・中世編』 山形県 1979年3月 より。</ref>、それ以前の記録は欠けているため創建時期は特定できない。また、山頂社殿が噴火焼失と再建を繰り返しているため[[分霊|勧請]]についても諸説生じさせている。
 
===夷征と大物忌神===
この記述は鳥海山噴火が兵乱の前兆であると信じられていたことを覗わせている、と『名勝鳥海山』<ref name="choukai" />では述べている。
 
元来、鳥海山は山名が無く<ref>いつごろから鳥海山と呼ばれたかは定かでないが、[[暦応]]5年([[1342年]])7月26日、藤原守重が息災延命の意趣をもって奉納した[[鰐口|鰐口銘]]に、鳥海山とあるものが文字として確認できる最古のものである。</ref>、山そのものが大物忌神と称されていた。物忌とは斎戒にして不吉不浄を忌むと言うことであり、山の爆発は山神が夷乱凶変を忌み嫌って予め発生するものだと朝廷は考えた、これがこの山神を大物忌神と称した所以であると『名勝鳥海山』<ref name="choukai" />では考察している。また同書では、山神の怒りを鎮め、その力を借りて夷乱凶変を未然に防ごうとした一例として、『[[日本紀略]]』[[天慶]]2年([[939年]])4月17日の条にある[[天慶の乱 (出羽)|秋田夷乱(天慶の乱)]]発生の報が到達した際、朝廷で物忌が行われた<ref name="geki">『[[外記|外記日記]]』の記述による。</ref>ことを挙げている。ちなみに『[[本朝世紀]]』[[天慶]]2年([[939年]])4月19日の条には、大物忌明神の山が噴火したとの記述がある。
 
===鳥海山の神威と神階昇叙===
ファイル:Chokaisan Omonoimi Jinja Sancho Honden.jpg|'''本殿、社務所、御室参籠所'''<br>行者岳(ぎょうじゃだけ)と七高山(しちこうさん)の中間付近、[[カルデラ#外輪山|外輪山]]から見下ろした山頂御本社境内の全景。<br>境内は新山への登口に位置しており、山頂へ向かう登山者の休憩地になっている。
ファイル:Sanchou-Gohonsha Gate.JPG|'''山頂御本社 鳥居'''<br>新山登口側にある鳥居。付近では休憩する登山者の姿が見られる。
</gallery>
<gallery widths="200px" heights="150px" perrow="3">
ファイル:Sanchou-Gohonsha Shinden.JPG|'''山頂御本社 本殿'''<br>風雨激しい鳥海山山頂にあることから、神殿は屋根覆いによって守られている。画像は本殿の内部。
</gallery><br style="clear: both"/>
ファイル:Hukura-kuchinomiya Gate.JPG|'''吹浦口之宮 一の鳥居'''<br>奥には二の鳥居が見える。二の鳥居から続く急な階段を上るとテンプレート画像の拝殿と本殿がある。
ファイル:Hukura haiden.JPG|'''吹浦口之宮 下拝殿'''<br>二の鳥居の直ぐ近くにある下拝殿。急な階段を上って本殿まで行かず、ここで参拝することもできる。<br>手前の石柱は北畠顕信祈願の碑。
</gallery>
<gallery widths="200px" heights="150px" perrow="3">
ファイル:Hukura Ryoushogu.JPG|'''吹浦口之宮 本殿'''<br>2つ並んだ本殿の内、手前にあるのが大物忌神、奥が月山神である。<br />2神を祀る特徴的なこの配置が、両所宮と称される所以である。
</gallery><br style="clear: both"/>
 
== 文化財 ==
* 鳥海山大物忌神社文書(正平十二年八月三十日北畠顕信寄進状、承久二年十二月三日鎌倉幕府奉行人連署奉書):[[重要文化財]]<ref>1937年に「北畠顕信寄進状・北条氏雑掌奉書」として重要文化財(当時の国宝)指定。1979年6月6日付けで指定名称を「鳥海山大物忌神社文書」に変更。</ref>
* 鳥海山大物忌神社文書:[[重要文化財]]
* 鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮神楽殿:[[登録有形文化財]]
* 鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮随神門:登録有形文化財
* 鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮本殿:登録有形文化財
* 鳥海山:[[史跡]]<ref>2008年に「鳥海山大物忌神社境内地」として国の史跡に指定。2009年7月23日付けで指定範囲追加のうえ、指定名称を「鳥海山」に変更。</ref>
* 鳥海山大物忌神社境内:[[史跡]]
** 鳥海山大物忌神社境内地
** 吹浦口ノ宮
** 蕨岡口ノ宮
<!--まだ答申段階のためコメントアウト ** [[森子大物忌神社]]境内
** [[木境大物忌神社]]境内と道者道
** [[金峰神社 (にかほ市)|金峰神社]]境内
** [[霊峰神社跡]] <!--以上4箇所の追加指定は官報告示済み-->
 
== 脚注 ==
[[Category:別表神社]]
[[Category:山形県にある国指定の史跡]]
[[Category:山形県の重要文化財]]
[[Category:遊佐町]]
[[Category:修験道]]
16,002

回編集