「北帰行」の版間の差分

m
旧制旅順高等学校は、昭和20年([[1945年]])8月、日本の[[第二次世界大戦]]敗戦と共に廃校となった。他の[[旧制高等学校]]と異なり後身校は存在せず、寮歌としての歴史はここで終了となった(寮歌祭では、同校同窓生により寮歌の一つとして歌われ続けている)。一方で、この歌は戦後、[[歌声喫茶]]で作者不詳の歌として流行した。恐らく、作者の卒業した一高・東大あたりから歌声喫茶に広まったものと思われるが、詳らかでない。
 
昭和36年(1961年)、この歌は[[コロムビアミュージックエンタテインメント|日本コロムビア]]のプロデューサや小林旭に見い出され、同社からレコード化されて大ヒットした。この際 作者捜しが行われ、当時TBS社員だった宇田の名乗り出、および旅順高校時代の友人が持っていた宇田直筆の歌詞から、作者が確定したという。
 
歌のヒットにより、小林が主演する映画 『渡り鳥シリーズ』([[日活]])の昭和37年([[1962年]])正月封切り版『北帰行より 渡り鳥北へ帰る』の主題歌となった。小林のバージョンは現在まで最も流布したものであるが、原曲とは相当に変化した部分がある。もっとも作者の宇田自身は、小林の歌を晩年に至るまでいたく気に入っていたという。
27,121

回編集