「裳着」の版間の差分

編集の要約なし
'''裳着'''(もぎ)は、[[平安時代]]から[[鎌倉時代]]にかけて女子の[[成人]]を示すものとして行われた[[儀礼]]。成人した女子にはじめて'''[[裳]]'''を着せるもの。年齢は一定しないが概ね12-14歳。
 
一人前の女性になったことを示すもので、結婚させるべき親の意思表示である。裳を着せる役の者を腰結(こしゆい)と称し、徳望のあるものから選ばれる。また、日取りは吉日が選ばれ、裳の腰紐を結び、[[髪上げ]]をする。
 
==関連項目==
匿名利用者