「制海権」の版間の差分

概要の全面的な書き直し、用語法の解説、制海権の獲得方法について説明追加
(リンクを追加)
(概要の全面的な書き直し、用語法の解説、制海権の獲得方法について説明追加)
'''制海権'''(せいかいけん、{{lang-en-short|Command of the Sea, Thalassocracy}})、[[一般に自らの航海の自由と同時に敵対勢力の航海の排除を可能とする海洋]]の支配。現代では海上優勢とも呼ばれる
 
== 概要 ==
戦略理論において制海権の概念を提起したコーベットは海上交通路の支配を意味する概念として位置づけている。ただし[[アルフレッド・セイヤー・マハン|マハン]]は歴史的に見ると大英帝国でさえ海洋を完全に支配したことはなく、制海権は必ずしも絶対的に確立されるものではなく、相対的な状態であることを指摘している。またカステックスも制海権が相対的、未完成、不完全であることが一般的であると考える。このような学説を踏まえて現代の海洋戦略においては制海権はより相対的な意味合いを含む用語として海上優勢(Sea Superiority)と呼ばれる。さらに現代の[[海軍]]を踏まえて制海権の概念を考慮した場合、ターナーは[[技術革新]]がもたらした[[潜水艦]]や[[航空機]]の発達が制海権を確立することがより難しくなっていると論じている。そのために海上支配(Sea Control)という用語、または海上拒否(Sea Denial)という用語も提唱されている。
[[海軍力]]による海域の軍事的な支配権を言う。制海権が得られた海域においては敵の海戦力の進入を拒否抵抗し、味方の船舶の安全かつ自由な航行を助ける。
 
制海権を確保するためには、いくつかの方法が考えられる。第一の方法は[[戦闘]]によって制海権を掌握する方法である。[[決戦]]または一連の戦闘において敵の海上戦力に損害を与えることを通じて特定の海域から敵を排除することができる。このような方法で制海権を獲得しようと試みた現代の戦闘の事例としては[[太平洋戦争]]における[[真珠湾攻撃]]や[[ミッドウェー海戦]]がある。また[[ナポレオン戦争]]における[[トラファルガーの海戦]]や[[サラミスの海戦]]なども古典的な戦史である。しかし、戦闘以外の方法として[[海上封鎖]]により制海権を得る方法がある。海上封鎖では敵の海上戦力が外海に進出することを防ぎこみ、港湾または近海に留める方法である。現代の事例としては[[フォークランド紛争]]の事例があり、イギリス海軍の潜水艦によってアルゼンチン海軍の前進を食い止めるための12マイルに及ぶ阻止線が形成された。
[[海戦]]における[[空軍力]]の重要性が高まったために、結果的には海上における[[制空権]]を獲得した勢力が制海権をも獲得する。
 
ただし空軍力によって制海権を奪っても、空軍力で海中の[[潜水艦]]戦力までを殲滅するのは一般的に難しいと考えられている。よって潜水艦戦力によっても[[船舶]]の安全が脅かされる点を考慮に入れて、現代での制海権はより時間的・空間的・質的に非常に流動的だと考えられている。そのため、現代では'''海上優勢'''と呼ばれるようになっている。
 
==関連項目==
3,372

回編集