「スクルド」の版間の差分

編集の要約なし
{{Otheruses|[[北欧神話]]の登場人物|[[小惑星]]の「スクルド」|スクルド (小惑星)}}
[[ファイル:Faroe stamp 431 The Norns and the Tree.jpg|thumb|right|230px|[[フェロー諸島]]で[[2003年]]に発行された[[郵便切手]]に描かれた、武装した姿のスクルドと、板に文字を刻む2人のノルニル。[[アンカー・エリ・ペーターセン]]([[:en:Anker Eli Petersen|en]])による。]]
'''スクルド'''({{lang-non|Skuld}}、または{{lang|non|Sculd}}<ref>『エッダ 古代北欧歌謡集』19頁で確認した綴り。</ref>)は、[[北欧神話]]に登場する[[運命]]の[[女神]]、[[ノルン]]たち(ノルニル)の一柱で、三姉妹の三女<ref name="kodai253">『エッダ 古代北欧歌謡集』253頁。</ref>。その名前は「税」「債務」「義務」<ref>『エッダ 古代北欧歌謡集』19頁。</ref>または「未来」<ref name=ORCHARD151>Orchard (1997:151).</ref>を意味する<ref>たとえば英語に於いて「義務」と「未来」を表す助動詞 shall, should は古英語 sceal, sceolde (< sculan: owe, be obliged)に由来し、この語はゲルマン祖語*skal- *skul-に遡。ドイツ語「負債・恩義 schuld」も同根である。本項のスクルド(Skuld)もまた、これらの語と同根であり「義務・負債・未来」の意味を有する。</ref>
 
== 概説 ==
匿名利用者