「Quality of Service」の版間の差分

m
編集の要約なし
(本来の意味から、冒頭で記述するべき)
m
優先制御と帯域制御はルーターでの機能であるため、ルーターで区分されたインターネット内部では機能しない。パケットの優先度を指定しても[[L2スイッチ]]や[[L3スイッチ]]は無視するだけである。
 
固定的な帯域制御の指定値設定も、実効帯域からずれがあると回線の使用に悪影響が出る。実効帯域が広がっても帯域制御が狭いままでは、回線使用に無駄が生じる。実効帯域が狭くなって帯域制御の設定値上限値以下になれば、帯域制御が機能しなくなりパケット廃棄が起こりやすくなる。こういった固定設定の問題を回避するために、一部の新しいルーターでは、拠点側ルーターから測定用の[[User Datagram Protocol|UDP]]パケットをいくつかセンター・ルーターに送って受信間隔や損失情報を送り返してもらい、回線の状況に合わせて帯域制御の指定を動的に変更する機能が備わっているものもある<ref name = "日経NETWORK 2007/8"/>。
 
== その他 ==
63

回編集