「大西瀧治郎」の版間の差分

(219.8.128.15 (会話) による ID:34621803 の版を取り消し)
 
=== 「特攻生みの親」の解釈 ===
{{独自研究|section=1|date=2008年11月}}
 
大西が特攻の発案者でないことを示す状況証拠としては以下が挙げられる。
*[[1944年]][[7月21日]]、[[大本営]]([[軍令部]])は「大海指第431号」によって、後日、「[[回天]]」、「[[桜花]]」、「[[震洋]]」として量産される[[特攻兵器]]による奇襲攻撃の計画を実行に移したが、当時大西中将は[[軍需省]]航空兵器総務局長であった。
*「大海機密第261917番電」は、「神風隊攻撃の発表の際は、戦意高揚のため、特攻作戦の都度、攻撃隊名「敷島隊」「朝日隊」等をも併せて発表すべきこと」となっているが、これも、大西中将のフィリピン到着前の[[1944年]][[10月13日]]に[[源田実]]中佐らの起案であり、着任後、特攻隊戦果の確認できた[[10月26日]]発信であった。
*[[関行男|関]]大尉らが乗った特攻機(零戦)は、機上で爆弾の信管が解除できるように改造されている{{要出典|date=2008年9月}}。当時の慣習として軍令部の許可がなければ絶対に兵器改修を行ってはならなかったこと{{要出典|date=2008年9月}}と、大西着任から特攻隊初出撃まで1週間もなかった(台湾沖航空戦の終了が[[10月17日]]、この直後に大西が着任し神風特攻隊初出撃(会敵せず帰還)は[[10月21日]])。
 
このように、特攻の発案者が大西ではないことは状況証拠から見て明らかだが、今なお大西を特攻戦術の発案者とされることが多い。しかし、大西はパイロット育成には時間と金と労力がかかることをよく理解しており、特攻作戦のために貴重なパイロットを損失することに対して否定的であり、特攻作戦採用に際しては初期の段階では否定していた。
当時の戦局や大西の発言記録等では、彼が指揮する[[第一航空艦隊]]は当時突入してくる[[栗田艦隊|第二艦隊第一遊撃部隊]](栗田艦隊)のためにフィリピンの制空権を奪う必要があったが、彼の着任直前に起きた[[台湾沖航空戦]]で大打撃を受けた第一航空艦隊に残されていた可動機は、わずかに使い古しの零戦約30機程度であった。
 
また、彼を知る複数の関係者は戦後、大西について「もし(特攻作戦を行って)戦争に勝っていたとしても彼は自決していただろう」という証言をしている{{要出典|date=2008年9月}}。
 
== 終戦と自決 そして墓所==
匿名利用者