「三浦弘行」の版間の差分

* 2007年6月8日に父が死去。
* 小学生の頃はおちつきがなく、おしゃべりでうるさく、早指しだったという<ref>2000年のNHK杯で三浦七段(当時)の解説をした藤井竜王(当時)の話による。</ref>。
* [[福田康夫]]元総理とは遠い親戚。{{要出典|date=2008年5月}}
* [[藤井猛]]は同郷の兄弟子に当たる。二人は[[2001年]]、同時にA級昇級した。また、[[奨励会]]入会試験で1度落ちた経験があることも、二人の共通点である。
* [[明和県央高等学校]]卒業。
* [[屋敷伸之]]と棋聖戦を戦った当時のインタビューで、一日の将棋の勉強時間が10時間を越えると答えたことがある。「愛読書は『将棋年鑑』」。屋敷は当時、勉強をほとんどしないことを自称していたため、対極的な二人として話題になった。
* 研究会には入らず、1人で勉強に打ち込んでいたが、後に関西の若手棋士と研究をしたりしている。
* [[野月浩貴]]の結婚式では誰とも話さず、詰将棋を解いていた<ref>[[米長邦雄]]永世棋聖の話による。{{要出典|date=2008年5月}}</ref>。
* 連盟職員の結婚パーティーに招かれた時は、他の職員や一般の出席者と気さくに会話していた。したがって、上記の逸話は創作であると思われる。
* 若い時には所かまわず目隠し将棋を挑んでいた。[[加藤治郎 (棋士)|加藤治郎]]名誉九段(元将棋連盟会長)の葬儀の後、駅への帰り道で[[鈴木大介]]と目隠し将棋を指していた<ref>[[先崎学]]著「世界は右に回る」による。</ref>。
匿名利用者