「桂岩院」の版間の差分

(編集者の主観的表現と思われるため人物逸話に変更。その他)
 
== 概要 ==
[[四辻公遠]]<ref>[[藤原北家]][[西園寺氏]]の後裔(元来の[[上杉家]]も藤原北家とされる)。</ref>の娘。本名は不詳<ref>富あるいは豊とする説もある。また、姉妹中における出生順は庶長女([[非嫡出子|庶出]]の長女)である説が有力とされる。なお、四辻氏の出自を町人の娘や家人の娘とする説(楠戸義昭『「義」の家の礎となって◆虎御前、菊姫、四辻氏』 [[PHP研究所]]『[[歴史街道]] 2009年05月号』掲載文など)もあるが、現実性や裏付が無いため信憑性は低い。ただし「お与津御寮人事件」([[徳川和子]]入内をめぐる朝幕関係の軋轢の一つ。四辻氏の姉妹であるお与津御寮人は宮中より追放され、彼女たちの兄弟である四辻季継・高倉嗣良が流罪となった。)や後述する山浦光則の処遇などの影響で、彼らの姉妹にして伯母である四辻氏の印象を上杉家から遠ざけるために、彼女の偽った出自が故意に伝えられた可能性も否定できない。</ref>。母は[[杉原氏]](四辻家の[[女中|家女房]]か)。兄弟に[[四辻季継]]、[[高倉嗣良]](後年[[藪嗣良]]と改名)等、姉妹に[[後水尾天皇]]寵姫[[四辻与津子|お与津御寮人]]。甥に[[山浦光則]]等、姪に[[文智女王]]、後水尾天皇寵姫[[四辻継子]]等がいる。一説では上杉家に出入りする商人<ref>景勝が会津に移った頃に家臣の一人が京都で商人となり、上杉家の京都における様々な工作などを行っていたとする伝承がある(「西村由緒記」)。しかし『米沢市史』は「西村由緒記」の内容に関しては全面的に信用ができるとは言い難いとしている。</ref>の斡旋により、[[京都]]で景勝に見初められて側室になったといわれているが{{要出典|date=2008年5月}}、確実な史料は存在せず、側室となった経緯は不明である<ref>四辻氏の祖父である四辻季遠は、武田家との関わりが深い。詳細は[[四辻季遠]]参照。このことから四辻氏が景勝の側室になった件について菊姫が抜擢ないし関与したという説もあるが、これを証明する史料は全く無い。しかし四辻氏は庶出とはいえ公家の実娘かつ長女なので、他の公家や大名、あるいは本文のように上杉家と親密な関係にある豪商などによる斡旋も十分考えられる。なお今福匡は『兼見卿記』に登場する兼続次女(今福は兼続の養女とする)おまん御寮人の後身が四辻氏とする説を唱えている。</ref>。
 
側室として米沢に入り米沢城に居住して景勝に仕え、景勝の子供を身ごもり、景勝の[[伏見]]滞在中の慶長9年(1604年)5月に米沢城で上杉家次期当主となる玉丸([[上杉定勝]])を出産した。
匿名利用者