「ディスレクシア」の版間の差分

イギリス国王・[[エリザベス2世 (イギリス女王)|エリザベス2世]]の孫である[[ベアトリス・マウントバッテン=ウィンザー|ベアトリス王女]]も自身がディスレクシアであることを2004年に公表しているが、学業では優秀な成績を残している。
 
[[オーランド・ブルーム]]は幼少期にディスレクシアで悩まされたが、聖書の朗読(なおオーランド自身は仏教徒を自称している。正確には新興宗教である創価学会の学会員である。)などで、現在では改善されつつある{{要出典|date=2009年2月}}。また、[[キーラ・ナイトレイ]]は、録音読書で学習したり色付き眼鏡をかけて文章の文字が混じって見えないように工夫し読書している。
 
古生物学者の[[ジャック・ホーナー]]も読字障害の一人とされる<ref name="nhk-special-theOriginOfDisease4" />。恐竜が鳥類に近い生き物であったことを証明し、映画ジュラシックパークの恐竜博士のモデルともなった人物。ジャック・ホーナーの読み書き能力は小学3年生程度で、読字障害への対応として普段は文書を一度コンピューターに打ち込み、読み上げソフトを使用し文書を聞き取るかたちで読んでいる。
匿名利用者