「岡崎高等師範学校」の版間の差分

編集の要約なし
|-
|初代校長
|水野敏雄
|
|-
|廃止
|-
|同窓会
|黎明会
|
|}
'''岡崎高等師範学校'''(おかざきこうとうしはんがっこう)は、[[1945年]]([[昭和]]20年)4月に[[愛知県]][[岡崎市]]に設立された、官立の[[中等学校]]男子教員養成機関。略称は'''岡崎高師'''。
 
==概要==
[[1945年]]4月、[[東京高等師範学校|東京]]、[[広島高等師範お茶の水女子大|広島東京女子]]、[[金沢広島高等師範学校|金沢広島]]、[[お茶の水奈良女子大学|東京奈良女子]]、[[奈良女子大金沢高等師範|奈良女子金沢]]に次ぐ全国6番目の[[高等師範学校]]として設置された。
 
通常、高等師範学校には附属学校が置かれるが、[[1947年]]4月に新制の附属中学校が設置されるまで岡崎高師には正規の附属学校が置かれず、代用附属学校が置かれていた<ref>山口 25頁</ref>。創立後まもなく岡崎空襲による市内の仮校舎移転を経て、戦後は、[[豊川市]]に校地が置かれた。しかし[[学制改革]]に際し、旧制中学校のみならず師範学校の教員養成機能も持っていた高等師範学校と、師範学校との校風の違いから、[[名古屋大学]]との統合を選択した。なお、この時、後に[[愛知教育大学|愛知学芸大学]]の母体となった、愛知第一師範学校、愛知第二師範学校、愛知青年師範学校との統合も検討されていた。
 
戦後、新たに設置された名古屋大学[[教育学部]]は、教育学系の学部として発足、取得できる教員免許も文系のもののみとなり、岡崎高師、特に理科系の中等教育教員養成の機能は継承されなかった(したがって、名大の旧制前身校の一つではあるが教育学部の前身とは考えられていない)。附属中学校および附属高等学校は、戦後も豊川市に存置されたが、後に[[名古屋市]]へ移転し、[[名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校]]となっている。
 
== 沿革 ==
[[19241925年]]、岡崎市の要望から岡崎市出身の衆議院議員・[[近藤重三郎]]によって提出された高等師範学校設立の建議案が第50450回[[帝国議会]]を通過した。しかし、国家財政の窮迫で実現しなかった。翌1926年にも請願が提出され[[1944年衆議院]]、岡崎市議会が土地や建物を寄付するという内容の議案を可決し、寄付願を文部大臣に提出しで採択され。戦時下で理科系の中等教員養成必要となっていたことから、[[1945年関東大震災]]2月にともなう国家財政帝国議会窮迫高等師範学校設立を議決し、同年3月28日実現設立する運びとは至らった<ref name="o1268">岡崎市史山口 126812頁</ref>。
 
[[1943年]]頃から再び誘致運動が行われるようになる。岡崎市では、「教育ニ関スル戦時非常措置ニ関スル件」で岡崎市立商業学校(現・[[愛知県立岡崎商業高等学校]])が岡崎市立工業学校に転換した。しかし、岡崎市には愛知県立岡崎工業学校(現・[[愛知県立岡崎工業高等学校]])があったため、両校を統合することになった。このことから、明大寺町栗林の市立岡崎工業学校の校地及び校舎を寄付することで、誘致を有利に働かせることができると踏んだ<ref>山口 15頁</ref>。また、戦時下で理科系の中等教員養成が必要となっていたことから、理科系のみの学科を設置する方針をとった<ref>山口 16頁</ref>。[[1944年]]10月27日、岡崎市議会が工業学校の土地・建物を寄付する内容の議案を可決し、寄付採納願を[[文部大臣]]に提出した。[[1945年]]2月の帝国議会で高等師範学校設立が可決され、3月19日の閣議で[[広島女子高等師範学校]]とともに同年4月1日に設立する運びとなった<ref name="o1268">山口 23頁</ref>。
仮事務所を愛知県立第二師範学校内に設置し、設立準備に取り掛かった。校地は明大寺町栗林地内の岡崎工業学校(現在の[[愛知県立岡崎工業高等学校]])跡を使用することになった。同年7月2日、第1回生150名が入学した。しかし、[[学徒勤労動員]]のため大半が即日帰省した。7月19日未明の岡崎空襲で校舎が全焼し、8月12日に西加茂郡豊田青年学校で開校式を執り行った<ref name="o1268"></ref>。
 
仮事務所を愛知第二師範学校内に設置し、設立準備に取り掛かった。入試の結果は5月15日に発表され、同年7月2日、第1回生150名が学校に集合した。しかし、[[学徒勤労動員]]のため大半が即日帰省した<ref>岡崎市史 1268頁</ref>。7月19日未明の岡崎空襲で校舎が全焼し、7月23日に六名国民学校(現・[[岡崎市立六名小学校]])の教室を借りて駆り事務所が置かれた。仮校舎は針崎町の[[三菱重工業]]針崎工場青年学校に、仮宿舎は同町内の[[勝鬘寺 (岡崎市)|勝鬘寺]]に置かれることとなった。7月30日には西加茂郡の[[トヨタ自動車|豊田自動車]]挙母工場青年学校で第1回入学式を執り行った<ref>山口 30頁</ref>。8月2日には同工場の入所式が行われ、8月4日から動員作業と講義が始まった。8月12日には、開校式も開かれている。そしてその3日後、終戦を迎えた。
[[1949年]]、新制名古屋大学開校に伴い同大学に包括され、名古屋大学岡崎高等師範学校に改称した。[[1952年]]3月、名古屋大学教育学部設置により閉校となった。
 
終戦後の9月18日、勝鬘寺で入寮式が行われ、10月1日には三菱重工業針崎工場青年学校の仮校舎で始業式が行われた。寄宿舎は「振風寮」と名づけられた。一方で、移転先の確保が緊急の課題となった。当初は岡崎市内で移転先を探していたものの、思うような場所は見つからず、[[豊川市]]牛久保町中代田の[[豊川海軍工廠]]工員養成所と宿舎が候補に挙がった<ref>山口 33頁</ref>。同年11月24日、名古屋軍政部から海軍工廠の使用許可が下り、12月9日に移転した。この移転に際しては、戦災で荒れ果てた校舎を修復するため、第1期生が1週間交代制で準備に取り掛かったという<ref>山口 34頁</ref>。
 
[[1947年]]、岡崎市の[[学制改革]]委員会が[[幼稚園]]から[[大学]]までの教育機関を市内に整備する方針を確認した。この際に、豊川市に移転した岡崎高師と愛知第二師範学校の市内復帰を推進するとの方針も確認している<ref name="y44">山口 44頁</ref>。また、岡崎高師の教授会も新学制にともなう大学昇格を目指して同年6月に「大学建設部」を設置した。同年4月には、文科系学科と附属中学校(現・[[名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校|名古屋大学教育学部附属中学校]])を設置し、本来の高等師範学校としての体裁を整えている<ref name="y44"></ref>。[[1948年]]には、大学期成同盟会が発足した。しかし、愛知県が愛知一師、愛知二師、愛知青師、岡崎高師を統合して愛知学芸大学にするという構想を立ち上げた。この構想は愛知一師の辞退で立ち消えになったが、同年6月頃には名古屋大学と岡崎高師の合併が検討されていた<ref>山口 47頁</ref>。
 
[[1949年]]5月31日、新制[[名古屋大学]]開校に伴い同大学に包括され、名古屋大学岡崎高等師範学校に改称した。同年7月1日には、名古屋大学教養部豊川分校を併設されることになり、教養部学生316人が配置された<ref>山口 43頁</ref>。[[1950年]]、岡崎高等師範学校附属高等学校(現・[[名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校|名古屋大学教育学部附属高等学校]])が設置された。[[1952年]]3月25日、第4回卒業式が開かれ、続いて閉校式が執り行われた。
 
=== 年表 ===
匿名利用者