「海流」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: ht:Kouran sifas)
 
==== 日本 ====
日本南岸は夏に非常に[[湿度]]が高くなるが、これは南東から吹く風が、温かい[[黒潮]]上を通過してくるときに、[[水蒸気]]を大量に取り込むことが原因である。一方、冬は[[季節風]]の北西風が吹くので、黒潮の暖気によりそれほど気温が上がるわけではないが、山脈により雪雲を遮断するため、関東以西の太平洋側地域では晴天が多く比較的温暖な地域が多い。他方、[[日本海]]には黒潮の分流である暖流の[[対馬海流]]が流れ込んでいるが、大陸から吹き出す寒気がこの暖流の上を渡るときに雲が形成され、冬季の豪雪と年間を通じての気温低下、日照時間の減少が見られる([[日本海側気候]])。また[[北海道]]や[[東北地方]]の太平洋側では、夏に寒流である[[親潮]]の上を吹き渡ってくる[[やませ]]の影響で、[[冷害]]が発生することがある。
 
=== 漁業への影響 ===
匿名利用者