「径山寺」の版間の差分

出典・脚注に「類聚名物考」の昭和の複製版を追加
(→‎径山寺味噌: 覚心の帰国した年)
(出典・脚注に「類聚名物考」の昭和の複製版を追加)
'''径山寺'''(きんざんじ)は、[[中華人民共和国]][[浙江省]][[杭州市]][[余杭区]][[径山鎮]]の[[径山]]にある[[仏教]][[禅]][[寺]]<ref>[http://www.zjyhtour.com/jp/sight1.asp 余杭観光ネット > 名所 > 径山景勝(中国浙江省杭州市余杭区観光局)](2010年9月27日 (JST)検索)</ref><ref>[http://pic3.nipic.com/20090522/5928_151715006_2.jpg 写真1](2010年9月28日 (JST) 検索)</ref><ref>[http://image.blog.livedoor.jp/shirakata_den/imgs/a/9/a951969e.jpg 写真2](2010年9月28日 (JST) 検索)</ref>。径山興聖萬壽禅寺。[[南宋]]の[[五山]]の一。[[日本]]の[[茶道]]に影響したとする言説がある<ref name="類聚名物考 明治">[http://kindai.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/898156/305 山岡俊明編集、井上頼圀・近藤瓶城校訂、『類聚名物考』、第4冊、近藤活版所、明治37年(1904年)、六百八頁、国立国会図書館 近代デジタルライブラリー](2010年10月25日 (JST)検索) (江戸時代の山岡浚明編集の百科事典「類聚名物考」の活版本と言われている([http://kotobank.jp/word/類聚名物考 kotobank] (2010年10月25日 (JST)検索)))</ref><ref name="類聚名物考 昭和">山岡俊明編、『類聚名物考(四)』、第4巻、歴史図書社、昭和49年(1974年)、六百八頁(前記活版本の複製版)。</ref><ref name="阿部宗正">阿部宗正監修、阿部宗正・秋山宗和指導、『台子・長板の点前』、世界文化社、「お茶のお稽けいこ」シリーズ 第37巻、2007年、4ページ</ref><ref name="全日本煎茶同連盟">[http://www.senchado.com/cyugoku/cyabunkakouryukai.pdf 『全日本煎茶道連盟・日中茶文化交流団 ― 2009 日本茶道の源流を訪ねて 募集要項 ―』(社団法人 全日本煎茶道連盟)、5頁](2010年10月25日 (JST)検索)</ref><ref name="中日">[http://www.china-jp.org.cn/jp/news_display.asp?keyno=47 「日本茶道の故郷??径山」(王 家斌、中日友好文化活動週)](2010年9月27日 (JST)検索)</ref>。径山寺味噌([[金山寺味噌]])の由来や[[醤油#醤油の起源|醤油の起源]]等の諸説との関係が指摘される<ref name="しょうゆ情報センター">[http://www.soysauce.or.jp/rekishi/index.html HOME > 万能調味料 しょうゆの歴史(醤油PR協議会 しょうゆ情報センター)](2010年10月25日 (JST)検索)</ref><ref name="湯浅金山寺味噌"></ref><ref name="湯浅醤油の歴史">[http://www.kadocho.co.jp/history.html HOME > 湯浅醤油の歴史(株式会社 角長)](2010年9月28日 (JST) 検索)</ref><ref name="しょうゆの誕生(ヤマサ醤油株式会社 ">[http://www.yamasa.com/soydoc/history/history02.html HOME > ヤマサのこだわり > ヤマサしょうゆ博士 > しょうゆの歴史 > しょうゆの誕生(ヤマサ醤油株式会社 )](2010年9月27日 (JST)検索)</ref>。日本の文化との関係は深い。
 
== 臨済宗 ==
 
== 茶道 ==
径山寺で行われた茶宴の儀式や道具などは、日本の茶道に影響したとする言説がある<ref name="類聚名物考 明治"></ref><ref name="類聚名物考 昭和"></ref><ref name="阿部宗正"></ref><ref name="全日本煎茶同連盟"></ref><ref name="中日"></ref>。
 
=== 径山茶 ===
=== 類聚名物考 ===
[[江戸時代]]に編集された[[百科辞典]]の「[[類聚名物考]]」では、「茶會始 臺子」の項で、[[茶道具]]のひとつの[[台子]]について、径山寺からもたらされたものが始まりである、と言う言説を紹介している。
それによると、[[文永]]4年(1267年)に[[南浦紹明]](1235年~1309年)が径山寺から台子一式を持ち帰って[[筑前国]](福岡県)の[[崇福寺 (福岡市)|崇福寺]]に伝えた。その後、[[紫野]](京都市北区)の[[大徳寺]]に贈られ、[[天竜寺]]開祖の[[夢窓疎石|夢窓]](1275年~1351年)がこの台子で茶宴を行った。これが台子を使った[[茶会]]の始まりである<ref name="類聚名物考 明治"></ref><ref name="類聚名物考 昭和"></ref>。
 
=== 裏千家 ===
193

回編集