「戦術」の版間の差分

参考文献の組織化と追加修正
(リンクを追加)
(参考文献の組織化と追加修正)
 
== 参考文献 ==
===教科書・参考書===
*[[防衛大学校]]・防衛学研究会編『軍事学入門』かや書房、2000年
*[[松村劭]]『バトル・シミュレーション 戦術と指揮 命令の与え方・集団の動かし方』文藝春秋、2005年
*国防研究会編、[[石原完爾]]監修『戦術学要綱』(たまいらぼ、1985年)
*松村劭『戦争学』文藝春秋社、1998年
*[[孫子]]著、[[金谷治]]訳『孫子』(岩波書店、2000年)
*松村劭『名将たちの決定的戦術』PHP研究所、2007年
*[[アントワーヌ=アンリ・ジョミニ|ジョミニ]]著、[[佐藤徳太郎]]訳『戦争概論』(中公文庫)
*陸軍省『作戦要務令』日本文芸社、1962年
*[[カール・フォン・クラウゼヴィッツ|クラウゼヴィッツ]]著、日本クラウゼヴィッツ学会訳『[[戦争論 (クラウゼヴィッツ)|戦争論 レクラム版]]』(芙蓉書房出版、2001年)
*参謀本部編『統帥綱領』偕行社、1962年
*[[ジョン・フレデリック・チャールズ・フラー|フラー]]著『[[戦争科学の基礎]]』(ロンドン、1926年)
*[[眞邉正行]]『防衛用語辞典』国書刊行会、平成122000
*片岡徹也,福川秀樹編著『戦略・戦術用語事典』芙蓉書房出版、2003年
*防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 陸海軍年表 付 兵語・用語の解説』(朝雲出版社)
*U.S. Department of the Army. Field manual 100-5: Operations. Washington, D.C.: Government Printing Office. 1982.
*[[フランク・ギブニー]]編『ブリタニカ国際百科事典 1 - 20』(ティービーエス・ブリタニカ、1972年)
 
===古典的研究===
*[[孫子]]著、[[金谷治]]訳『孫子』岩波書店、2000年
*[[アントワーヌ=アンリ・ジョミニ|ジョミニ]]著、[[佐藤徳太郎]]訳『戦争概論』中公文庫、2001年
*[[カール・フォン・クラウゼヴィッツ|クラウゼヴィッツ]]著、日本クラウゼヴィッツ学会訳『[[戦争論 (クラウゼヴィッツ)|戦争論 レクラム版]]』芙蓉書房出版、2001年
*マハン著、北村謙一訳『マハン海上権力史論』原書房、2008年
*フラー著、中村好寿訳『制限戦争指導論』原書房、2009年
*Phillips, T. R. ed. Roots of strategy. Harrisburg, Pa.: Military Service, 1940.
 
===事例研究===
*Brodie, B. and F. Brodie. From crossbow to H bomb. Rev. ed. Bloomington, Ind.: Indiana Univ. Press. 1973.
*Chandler, D. G. The campaigns of Napoleon. New York: Macmillan. 1966.
**チャンドラー著、君塚直隆ほか訳『ナポレオン戦争 1-5』信山社、2002年
*Creasy, E. Fifteen decisive battles of the world. London: Dent and Sons. 1963.
*Dupuy, R. E., and T. N. Dupuy. Encyclopedia of military history. New York: Harper and Row. 1970.
3,372

回編集