「林鳳潭」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''林 鳳潭'''(はやし ほうたん、[[宝暦]]11年([[1761年]]) - [[天明]]7年[[1月14日 (旧暦)|1月14日]]([[1787年]][[3月3日]]))は、[[江戸時代]]中期の[[朱子学]]派[[儒教|儒学者]]。[[林鳳谷]](ほうこく)の孫。[[林家 (儒学者)|林家]]6代。名は信徴。
 
== 略歴 ==
父の[[林龍潭]]が早く亡くなったため、14歳で祖父・鳳谷の跡をぎ、幕府儒官となる。[[天明]]5年([[1785年]])[[大学頭]](だいがくのかみ)となった。天明7年([[1787年]])27)、27歳の若さで死去。同年、[[林錦峯]](きんぽう)が林家を継いだ。
 
== 関連項目 ==
* [[林家 (儒学者)]]
 
{{先代次代|[[林家 (儒学者)]]|6代:1774 - 1787|[[林鳳谷]]|[[林錦峯]]}}