「自衛隊格闘術」の版間の差分

自衛隊徒手格闘は、[[日本拳法]]をベースに、[[柔道]]と[[相撲]]の[[投げ技]]、[[合気道]]の[[関節技]]を採り入れた内容で構成されている。
 
[[大日本帝国陸軍|旧日本陸軍]]においては、敵陣に対する[[浸透戦術]]を敢行するために[[銃剣]]、短剣、[[軍刀]]を用いた格闘の訓練盛んであっに行われていたが、武器を用いない徒手格闘に関しては、[[憲兵 (日本軍)|憲兵]]などの一部の[[兵科]]を除いて、自主的に[[武道]]を練習することを奨励するのみであった。
 
[[戦後]]、[[アメリカ陸軍士官学校]]に留学した[[陸上自衛隊]]幹部が、[[アメリカ陸軍|米陸軍]]での格闘訓練を見た経験から、銃剣格闘と連係できる徒手格闘術の必要性を[[陸上幕僚監部]]に進言した。これを受け、{{和暦|1955}}から研究が開始され、森良之祐(日本拳法協会最高師範)、[[富木謙治]](合気道師範、柔道七[[段級位制#武道|段]]、[[早稲田大学]]教授。合気道の乱取り稽古を考案)らの協力を得て、{{和暦|1959}}に訓練体系を確立した。
匿名利用者