「中央ヨーロッパ時間」の版間の差分

編集の要約なし
'''中央ヨーロッパ時間'''(ちゅうおうヨーロッパじかん、'''Central European Time''' - '''CET''')は、[[協定世界時]] (UTC) を1時間進ませた[[標準時]]である ([[UTC+1]]) 。
 
なお、[[3月最終日曜日の午前2時(夏時間]]では協定世界午前3より)から10月最終日曜日の午前2時(夏時間進み (では午前3時)までは、[[UTC+2夏時間]]) 、'''[[中央ヨーロッパ夏時間]]''' ('''Central European Summer Time''') と呼ばが使用さている。
 
[[第二次世界大戦]]以前の1920年から1940年までの間は、[[リトアニア]]でも使われていた。戦時中に[[ドイツ]]が自国の占領した区域に導入させた後、[[フランス]]、[[ベルギー]]、[[オランダ]]、[[ルクセンブルク]]ではそれがそのまま残った。戦後、[[モナコ]]、[[スペイン]]、[[アンドラ]]、[[ジブラルタル]]も中央ヨーロッパ時間を導入した(スペインについては、[[カナリア諸島]]はUTCを採用、スペイン本土より1時間遅れ)。
24,128

回編集