「古海卓二」の版間の差分

m
[[1925年]](大正14年)、やはり帝キネを退社、俳優[[高堂国典]]、作家[[金子洋文]]、画家[[小生夢坊]]らと「[[第一線映画連盟]]」を設立、自主製作・配給を目指す<ref name="古海" />。運動は1年で挫折、似通った志を持つ東京の[[高松豊次郎]]に招かれ、高松の「[[タカマツ・アズマプロダクション]]」で「第一線映画連盟」の俳優陣、撮影の[[玉井正夫]]らを引き連れて『勤王』を撮った。その後は、スタッフ・キャストを引き連れて[[阪東妻三郎プロダクション]]、[[奈良]]の[[市川右太衛門プロダクション|市川右太衛門プロダクションあやめ池撮影所]]、[[河合映画社]]へ転々とする。[[1929年]](昭和4年)2月、「古海卓二プロダクション」を設立、『国聖大日蓮』を監督後、5月に渡欧<ref name="古海" />。
 
帰国後は右太プロへ戻るが、[[1931年]](昭和6年)に[[労働争議]]を起こし、解雇される<ref name="古海" />。[[東活映画社]]に移るが[[1932年]](昭和7年)の同社の解散で、阪妻プロに戻る。その間の[[1934年]]に妻の紅沢と離婚、さらに[[極東映画社]]、[[甲陽映画]](配給[[千鳥興]])へ移り「園池成男」名で監督をするが、[[1937年]](昭和12年)の『ボーイスカウト』を最後に43歳で映画界を去った<ref name="古海" />。
 
=== ローカル文化運動の時代 ===
13,880

回編集