「横領罪」の版間の差分

m
リダイレクト回避等
m (リダイレクト回避等)
{{日本の刑法}}
{{ウィキプロジェクトリンク|刑法 (犯罪)}}
'''横領罪'''(おうりょうざい)は、自己の[[占有]]する他人の物を横領することを内容とする[[犯罪]]。広義の横領罪は、[[b:コンメンタール刑法#2-38|刑法第二編「罪」- 第三十八章「横領の罪」]]([[b:刑法第252条|252条]]〜[[b:刑法第255条|255条]])に規定された犯罪すべてを指す。し、狭義の横領罪は、刑法252条1項に規定される罪(単純横領罪)のみをいう。自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合にこれを横領したときには、横領罪が成立する(刑法252条2項)。
== 条文 ==
*単純横領罪([[b:刑法第252条|刑法252条]])
== 犯罪の類型 ==
=== 単純横領罪 ===
自己の占有する他人の物を横領すると、(狭義の)横領罪が成立する(刑法252条1項)。業務上横領罪との比較から'''単純横領罪'''と呼ばれることもある。他人の物を委託関係に基づいて占有する者のみが犯すことのできる[[身分犯]]である([[身分#真正身分犯と不真正身分犯|真正身分犯]])。[[法定刑]]は5年以下の[[懲役]]である。
 
=== 業務上横領罪 ===
業務上占有する他人の物を横領すると、業務上横領罪が成立する(刑法253条)。占有が業務であることで刑が加重される身分犯であり([[身分#真正身分犯と不真正身分犯|不真正身分犯]])、基本犯である単純横領罪が真正身分犯であることから、真正身分犯・不真正身分犯両方の性質を有する'''複合的身分犯'''である。法定刑は10年以下の懲役である。
 
=== 遺失物等横領罪 ===