「ナポリタン」の版間の差分

編集の要約なし
m (118.70.131.138 (会話) による ID:34583857 の版を取り消し POV)
 
== 概要 ==
[[スパゲティ]]に[[トマトケチャップ]]をからめ炒めて作る。代表的な具材は[[タマネギ]]、[[ピーマン]]、これに[[ハム]]、[[ウインナーソーセージ]]、[[ベーコン]]等の加工肉。[[タバスコ]]と[[パルメザンチーズ|粉チーズ]]を好みでかける食べ方が一般的である。イタリアにはナポリタンと呼ばれるソースはある([[w:Neapolitan sauce|Neapolitan sauce]])が「ナポリタン」というパスタ料理は存在せず、[[ハヤシライス]]と同じく日本生まれの[[洋食]](和製洋食)である。
 
== 歴史 ==
 
なおナポリタン考案者の入江料理長は、亡くなるまで「自分が発案した」と公言しなかった。このため家族や周囲は入江が亡くなった数年後に上記文献が発掘されるまで、入江がナポリタンの考案者とは知らなかった。<ref name="mirai" />
 
 
 
== 各地域や各国の状況 ==
*[[中京圏|名古屋]]には卵と合わせた[[イタリアンスパゲッティ]]と呼ばれる派生料理がある<ref name="napori" /><!--独自研究(尚、[[東京]]等の[[関東]]圏では、具材はナポリタンとほぼ同じだが、ケチャップを使わず、ただ[[塩]]と[[胡椒]]〔や[[醤油]]等〕で[[味]]付けし、[[油]]炒めしたスパゲティを「イタリアン」と称する事もある-->〔イタリア料理ではなく、日本の料理である〕)。
*[[関西地方]]ではナポリタンをイタリアンと呼ぶこともあるが、何をナポリタンと呼ぶかはレストランによりまちまちである。また袋入りのレトルト食品として両方の商品名で売られているが、両者はほとんど同じ物である<ref name="napori" />。
*イタリアには上記の通りスパゲティナポリタンと呼ばれるソースはある([[w:Neapolitan sauce|Neapolitan sauce]])が、パスタ料理は存在しない。そもそもトマトケチャップはアメリカの調味料でイタリアでは一般には料理で使用されなの歴史は浅思われちだが、近年は普通に使われていその要因の一つである。イタリア料理でスパゲッティ・ナポリタンに比較的近い味のものに、[[アマトリチャーナ|スパゲッティ・アッラ・アマトリチャーナ]](Spaghetti alla amatriciana)がある。[[パンチェッタ]]・タマネギのトマトソースに[[ペコが、こちらはナポーノ・ロマーノ]]を好み入れる[[ローマ]]近郊はなく[[ラツィオ州|ラツィオ]]の料理である。
*アメリカで一般的に食べ物で「ナポリタン」というと[[アイスクリーム]]の一種を指す([[w:Neapolitan ice cream|Neapolitan ice cream]])。またトマトケチャップを加熱する料理法も一般的ではない。
*中国ではナポリタンというと[[ミートソース]]が出ることがある。
7,854

回編集