「ブリジット・バーコ」の版間の差分

TVM『マインド・オブ・メアリード・マン 〜妻ある男の心情〜』で脚本とビアンカ・バーマン役として初出演を果たし、映画『[[ニューヨーク・ストーリー]]』で若い女性役で本格的に女優デビューし、その後『ニューヨーク・ジャスティス』にも出演し[[マイケル・キートン]]と共演した。
 
1992年の『続・蘭の女』で初主演を果たし[[デイヴィッド・ドゥカヴニー]]と共演。2人の男の間に揺れる悲しい魔性の女アレックスを演じて注目を集めた。本作、続・蘭の女と1993年の『ダーク・アイランド/堕ちた楽園』で[[ヌード]]と[[濡れ場]]を披露した。長身かつ少女体系で非常に細身であるが力強い女性を演じることが多い。『ダーク・アイランド』では現地人のエキストラの女性達よりもかなり背が高く、現地の男性と身長がほぼ同じであるためかなり目立っていた。その他、2002年の[[トロント国際映画祭]]で紹介されたブリジットの最新作『St.モニカ〜』で、ジーニー賞の最優秀助演女優としてノミネートされた。 他にもブリジットは、1993年にも、プロデューサーのロバート・ラントスと初めて組んで製作した作品『I Love a Man in Uniform』で、ジーニー賞に最優秀女優としてノミネートされた。
 
ほとんどの映画のパターンとしてブリジット演じる登場人物の浮気が原因で悲惨な結末を迎えるのが定着している。ブリジットが演じた人物は映画の中では必然的に本人は意識してないものの魔性の女となっている場合があり、周りの男性達がブリジット演じる人物を取り合いするパターンが多く初主演映画の『続・蘭の女』ではブリジット演じる主人公の彼氏二人がバスケットで争い、その他の映画でもブリジットが演じる人物を男性達が取り合って激しい殺し合いを展開するというパターンが定着している。『ダーク・アイランド』ではブリジットが演じたアンディを巡って島中で乱戦が繰り広げられ、『パラノイア』ではジャナを巡って兄弟が争い、『ダブル・テイク』ではブリジットが演じたニッキを刑事と犯罪組織が取り合い、続投した『N.Y.殺人捜査線2』では、主人公と元彼氏がブリジット演じるニッキを取り合った。さらに、『ロード・オブ・ザ・リベンジ』ではメイシーを取り合ってギャングのフランクと医者の夫が取り合いをした。
匿名利用者