「小倉鉄道」の版間の差分

参考文献に沿革史(1965)を追加し、歴史を加筆。沿革史により、現存の同名会社は同じ会社と判断。
(→‎歴史: 前身の金辺鉄道について。関連して参考文献を追加。)
(参考文献に沿革史(1965)を追加し、歴史を加筆。沿革史により、現存の同名会社は同じ会社と判断。)
== 歴史 ==
=== 金辺鉄道 ===
金辺(きべ)鉄道株式会社は、[[1896年]]([[明治]]29年)、後に小倉鉄道線となる路線の仮免許を得て会社設立、福岡県企救郡足立村(現在の[[北九州市]][[小倉北区]])に本社を置いた。翌[[1897]](明治30年)に本免許を得て、[[金辺峠]]を貫くトンネル開削などの工事に着手した。
 
*[[1895年]](明治28年)10月24日 発起人会開催
しかし、その後経営破綻し、[[1903年]](明治36年)12月に免許が失効した後の[[1904年]](明治37年)2月に解散した。
*1896年(明治29年)
**7月31日 仮免状下付
**8月15日 創立総会を開催
*[[1897年]](明治30年)3月22日 免許状下付
 
しかし、その後経営破綻し、[[1903年]](明治36年)12月に免許失効した後の[[1904]](明治37年)2月に解散した。
 
*[[1904年]](明治37年)2月8日 会社解散
 
=== 小倉鉄道 ===
小倉鉄道株式会社は、金辺鉄道の債権者らにより創立され、福岡県企救郡足立村大字砂津に本社を置いた。足立村~[[嘉穂郡]]熊田村(現在の[[嘉麻市]])間の免許を再申請し、金辺鉄道の既成・未成の鉄道施設一切を譲受けて、実質的敷設権を継承した。
 
*1903年(明治36年)12月15日 発起人により仮免状申請
[[1915年]]([[大正]]4年)に[[東小倉駅|東小倉]]−[[石田駅 (福岡県)|石田]]−上香春(現[[香春駅|香春]])−[[今任駅|今任]]−上添田(現[[添田駅|添田]])を開業した。[[1943年]]([[昭和]]18年)に[[日本国有鉄道|国鉄]]に[[戦時買収私鉄|戦時買収]]された。
*1904年(明治37年)8月30日 仮免状下付
*[[1906年]](明治38年)
**8月25日 創立総会を開催
**8月27日 本免許申請
*[[1907年]](明治40年)6月14日 免許状下付
 
[[1915年]]([[大正]]4年)に[[東小倉駅|東小倉]]−[[石田駅 (福岡県)|石田]]−上香春(現[[香春駅|香春]])−[[今任駅|今任]]−上添田(現[[添田駅|添田]])を開業した。[[1943年]]([[昭和]]18年)に[[日本国有鉄道|国鉄]]に[[戦時買収私鉄|戦時買収]]された。
 
[[1943年]]([[昭和]]18年)、鉄道事業が[[日本国有鉄道|国鉄]]に[[戦時買収私鉄|戦時買収]]された。買収に当たり、会社は公債保有会社として存続することや、代金は国債をもって交付すること等が[[鉄道省]]及び[[大蔵省]]から指示された。
 
戦後、造船工場や鉄工所を経営したが、「小倉鉄道株式会社沿革史」を作成した[[1965年]](昭和40年)頃には[[北九州市]][[戸畑区]]で機械製造業を営み、主に各種歯車の製作を行っている。
 
[[2010年]]現在、北九州市[[小倉南区]]に本社を、[[直方市]]に工場を置き、自動車・農業機械・建設機械・その他一般産業機械向け歯車を生産している。
 
== その他 ==
東小倉駅の下り方数百mのところで旧[[西日本鉄道|西鉄]][[西鉄北九州線|北九州線]]と立体交差(下が小倉鉄道線)していた。
 
<!--(この記述を復活させたいのならば、「明らかに」別会社であることを示す資料を提示してください) [[福岡県]][[京都郡]][[苅田町]]に本社を置く機械メーカーで全く同一社名の会社があり、外部リンクで示した同社のサイトにも『当社は明治29年創業し、戦時中まで日田彦山線等を運営していました』と書かれていて非常に紛らわしいが、これは同社の創業当時(明治時代)を知る者が既に誰もおらず、かつ同じ社名であることから同一会社ではないかという誤解によるものである。おそらく、まだ鉄道が珍しかった時代なので社名にあやかったのか、元々は小倉鉄道(タイトルの鉄道会社)の線路沿いに工場があったのではないかと考えられる。→(2006.10.23追記)別会社かどうか不明な為、誤解を防ぐ為に外部リンクは非掲載が好ましい{{要出典}} -->
 
== 脚注および参考文献 ==
* {{cite book | 和書 | title = 12 九州・沖縄 | volume = | series = 日本鉄道旅行地図帳 | author = 今尾恵介(監修) | year = 2009 | publisher = 新潮社 | id = ISBN 9784107900302 }}
* {{Cite journal | 和書 | title = 明治後期の不振私鉄のファイナンス-金辺鉄道破綻と債務の株式化事例- |journal = 彦根論叢 | volume = | issue = 319 | pages = pp. 23-43 | author = 小川功 | year = 1999 | publisher = [[滋賀大学]]経済経営研究所 | id = | url = http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/eml/Ronso/319/319ogawa.PDF | format = PDF }}
* {{cite book | 和書 | title = 小倉鉄道株式会社沿革史 | volume = | series = | author = 木田虎彦 | year = 1965 | publisher = 小倉鉄道株式会社 | id = }}(北九州市立中央図書館所蔵。奥付はなく、発行年は同館の蔵書データによる。木田は同社取締役社長([[1958年]](昭和33年)就任。))
 
==外部リンク==
* [http://www5a.biglobe.ne.jp/~kokura/index.html 小倉鉄道株式会社] 創業を金辺鉄道創立時の1896年と記載している。
{{小倉鉄道の蒸気機関車}}
 
395

回編集