「サイラゴ」の版間の差分

 
アニメでは、ゴライアスら全員が寿命を迎え始めたクローン達を助けることを躊躇う中、唯一アンジェラだけが躊躇わずに助けようとした。その後、ゴライアスらの決断の遅れとサイラゴの妨害もあってアンジェラの努力は水の泡と化した。石化後はアントンを除く全員がゴライアスらによって城に運ばれそれぞれの場所に未来に望みを託し彫像として安置されることとなった。いつか目覚めるその日まで・・・
 
;デライラ
:声 - [[加藤優子]]/英-[[サリ-・リチャードソン]]
:[[デモーナ]]と[[エリサ・マーザ]]の血液から作られたガーゴイル。デモーナの身体能力とエリサの格闘能力を持ち、戦闘能力はバーバンクやハリウッドを凌ぐ。エリサのような上着を着用している。人間の遺伝子を持つためか両目の色は唯一白黒目である。アンジェラと対戦するもアンジェラが予想外に強かったためにかすり傷一つ与えられずに敗北する。その後はタロン達と共に地下鉄道に住んでいた。コミックでは後にエリサに説得され、サイラゴ軍団に追い詰められたゴライアスをエリサと共に助けている。その後サイラゴらと共に地下鉄道に住むこととなった。アニメでは、最後はウイルスを持って逃走したサイラゴを追いかけている途中、アンジェラとブルックリンに支えられながら寿命を迎え空中で石化した。名前の由来は[[サムソンとデリラ]]の[[デリラ]]から。言語版では妖婦と称される。
 
;バーバンク
:声 - [[宗矢樹頼]]/英-[[エドワード・アズナー]]
:ハドソンの血液から作られたハドソンのクローン。ハドソンと違い黒髪で体色は黄色でハドソンの剣が強化された斧の「バーバンクアックス」を武器とし両目の色は赤い。容姿は若い頃のハドソンに似ており戦闘能力はハドソンを凌いでいる。最後はハドソンが駆けつけたときには既に寿命により石化していた。
 
;マリブ
:声 - [[加瀬康之]]/英-[[ジェフ・ベネット]]
:ブルックリンの血液から造られたブルックリンのクローン。体色は緑色で髪の色は黒く両目は赤色。ブルックリンの髪の毛が白髪のためこちらは黒髪である。最後はバーバンク共々石化した。ブルックリンとの一騎討ちでは圧勝している。
 
;ハリウッド
:声 - [[高瀬右光]]/英 - [[ビル・ファッガーバッケ]]
:ブロードウェイのクローン。オリジナルをはるかに上回る巨体を誇り、容姿はオリジナルとは似ても似つかない。体色は濃い肌色で髪の毛はなく両目は赤。恐ろしい怪力を誇る。最後はバーバンク達と共に石化した。
 
;ブレントウッド
:声 - [[加藤将之]]/英 - [[トム・アドコックス=エルナンデス]]
:レキシントンのクローン。体色は漆黒で両目は赤く戦闘能力はオリジナルをはるかに凌ぎ滑空能力も高い。最後はバーバンク達と共に石化。
 
;アントン・セバリアスJr
:声 - [[郷里大輔]]
:ゴライアスらから採取した血液から造られた合体クローンガーゴイル。ゴライアスやデモーナなど全員分のガーゴイルの遺伝子を持っておりかなりの巨体を誇る。戦闘能力は極めて高い。ただセバリアスに利用されているだけということを知って全く戦う気がなく戦意を喪失したゴライアスを圧倒するが、助けに来たサイラゴの持ってきたセバリアスが開発したクローン破壊ウイルスをゴライアスによって左手に注射され石化(死亡した。)仕方なかったとはいえゴライアスは殺してしまったことを激しく後悔していた。現代編でゴライアスが殺した最初で最後の相手。セバリアスはガーゴイルであるが自分の息子と思っており、石化したときは本気で悲しんでいた。その後、セバリアスは必ず生き返らせると言っていたものの生き返らせることができたのは定かではない。
 
==ミュータントガーゴイル==
匿名利用者