「ブリジット・バーコ」の版間の差分

TVM『マインド・オブ・メアリード・マン 〜妻ある男の心情〜』で脚本とビアンカ・バーマン役として初出演を果たし、映画『[[ニューヨーク・ストーリー]]』で若い女性役で本格的に女優デビューし、その後『ニューヨーク・ジャスティス』にも出演し[[マイケル・キートン]]と共演した。
 
1992年の『続・蘭の女』で初主演を果たし[[デイヴィッド・ドゥカヴニー]]と共演。2人の男の間に揺れる悲しい魔性の女アレックスを演じて注目を集めた。本作、続・蘭の女と1993年の『ダーク・アイランド/堕ちた楽園』で[[ヌード]]と[[濡れ場]]を披露した。長身かつ少女体系で非常に細身であるが力強い女性を演じることが多い。『ダーク・アイランド』では現地人のエキストラの女性達よりもかなり背が高く、現地の男性と身長がほぼ同じであるためかなり目立っていた。16歳の時からほとんど変化していないプロポーションと少女体系なのを生かしてダーク・アイランドでは20代にもかかわらず10代の少女役を演じ、『彼女が死んだ週』でも30代にもかかわながも[[ティーン・エイジャー]]の少女役を演じている。その他、2002年の[[トロント国際映画祭]]で紹介されたブリジットの最新作『St.モニカ〜』で、ジーニー賞の最優秀助演女優としてノミネートされた。 他にもブリジットは、1993年にも、プロデューサーのロバート・ラントスと初めて組んで製作した作品『I Love a Man in Uniform』で、ジーニー賞に最優秀女優としてノミネートされた。
 
ほとんどの映画のパターンとしてブリジット演じる登場人物の浮気が原因で悲惨な結末を迎えるのが定着している。ブリジットが演じた人物は映画の中では必然的に本人は意識してないものの魔性の女となっている場合があり、周りの男性達がブリジット演じる人物を取り合いするパターンが多く初主演映画の『続・蘭の女』ではブリジット演じる主人公の彼氏二人がバスケットで争い、その他の映画でもブリジットが演じる人物を男性達が取り合って激しい殺し合いを展開するというパターンが定着している。『ダーク・アイランド』ではブリジットが演じたアンディを巡って島中で乱戦が繰り広げられ、『パラノイア』ではジャナを巡って兄弟が争い、『ダブル・テイク』ではブリジットが演じたニッキを刑事と犯罪組織が取り合い、続投した『N.Y.殺人捜査線2』では、主人公と元彼氏がブリジット演じるニッキを取り合った。さらに、『ロード・オブ・ザ・リベンジ』ではメイシーを取り合ってギャングのフランクと医者の夫が取り合いをした。ほとんどの場合は奪い合う男達は善悪に分かれてブリジットが演じた人物を奪い合うことも特徴である。このパターンはアニメでも健在でブリジットをモデルにデザインされたキャラクターであり外見がそっくりなアンジェラも奪い合いされるキャラクターであり、映画と比べても取り合いも最も壮絶なもので主人公夫婦の義兄弟がアンジェラを奪い合った他、アンジェラを巡って主人公夫婦が人類を巻き込んで地球規模で死闘を展開した。基本的に不幸な人物の役がほとんどで現在のところブリジットが演じた人物の中で幸せになった人物はほとんどおらず、また、演じた役は一応は悪人ではなく基本的に善人がほとんどであるが悪役よりも悲惨な結末を迎える場合が多いのが特徴
 
そして、必ず闇をイメージした女性の役を多く演じておりほとんどの人物がどこか影のある闇をイメージするような人物である。かよわい女性役から戦う女性などいわゆる強い女性を多く演じており演じた人物全員が気の強い女性である。映画の中では[[リチャード・タイソン]]や[[ラリー・ドレイク]]などの『闇からの使者』である大柄な男性と殴り合いをすることも多い。しかし、男性と殴り合いで戦うことは多いが同じ女性と戦うことはない。[[ジェームズ・キャメロン]]が脚本を担当した1995年の映画[[ストレンジ・デイズ/1999年12月31日]]にはアイリス役で出演し脇役ながら[[レイフ・ファインズ]]と共演。僅かながらの出演であったがその凄さまじい出演シーンで見る者に衝撃を与えた。
ほとんどの場合は奪い合う男達は善悪に分かれてブリジットが演じた人物を奪い合うことも特徴である。このパターンはアニメでも健在でブリジットをモデルにデザインされたキャラクターであり外見がそっくりなアンジェラも奪い合いされるキャラクターであり、映画と比べても取り合いも最も壮絶なもので主人公夫婦の義兄弟がアンジェラを奪い合った他、アンジェラを巡って主人公夫婦が人類を巻き込んで地球規模で死闘を展開した。基本的に不幸な人物の役がほとんどで現在のところブリジットが演じた人物の中で幸せになった人物はほとんどいない。また、演じた役は一応は悪人ではなく基本的に善人がほとんどであるが悪役よりも悲惨な結末を迎える場合が多いのが特徴。
 
そして、必ず闇をイメージした女性の役を多く演じておりほとんどの人物がどこか影のある闇をイメージするような人物である。かよわい女性役から戦う女性などいわゆる強い女性を多く演じており演じた人物全員が気の強い女性である。映画の中では[[リチャード・タイソン]]や[[ラリー・ドレイク]]などの『闇からの使者』である大柄な男性と殴り合いをすることも多い。しかし、男性と殴り合いで戦うことは多いが同じ女性と戦うことはない。[[ジェームズ・キャメロン]]が脚本を担当した1995年の映画[[ストレンジ・デイズ/1999年12月31日]]にはアイリス役で出演し脇役ながら[[レイフ・ファインズ]]と共演。僅かながらの出演であったがその凄さまじい出演シーンで見る者に衝撃を与えた。
 
テレビアニメ『[[ガーゴイルズ]]』では自らが声を担当するキャラクターである[[アンジェラ (ガーゴイルズ)|アンジェラ]]のデザインに自分の体格やプロポーションなどを提供した。そのため、アンジェラの外見はブリジットにそっくりであり、身長と体重もほぼ同じで設定上はスリーサイズはブリジットと同じである。アンジェラの設定年齢は18歳であるが、当時アンジェラにデザインを取り込んだ際のブリジットの年齢は30歳である。これは当時のブリジットが18歳時と変わらないプロポーションを保っていたため実現した。ブリジットが演じた人物の中でアニメのキャラクターであるが映画の人物も含めてこのアンジェラがもっとも人気があり知名度も高かった。
匿名利用者